研究者総覧

近藤 健児
経済学部
教授
Last Updated :2019/02/15

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    近藤 健児
  • 氏名(カナ)

    (コンドウ ケンジ)

基本情報

  • プロフィール

    1980年 愛知県立千種高等学校卒業 1984年 京都大学経済学部卒業、愛知県県立高校教諭 1989年 名古屋市立大学大学院経済学研究科修士課程入学 1991年 同卒業、博士後期課程入学 1994年 名古屋市立大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学   中京大学経済学部講師 1997年 中京大学経済学部助教授、マギル大学客員研究員(98年7月まで) 2000年 博士(経済学)、名古屋市立大学 より 中京大学経済学部教授 2010年 バーリ大学客員研究員(11年3月まで) 2015年 中京大学経済学部長(17年3月まで)
  • URL

所属

所属(マスタ)

  • 経済学部, 教授
  • 経済学科, 教授
  • 経済研究所, 研究員

学歴等

学歴

  • 1980年04月, 1984年03月, 京都大学, 経済学部
  • 1989年04月, 1994年03月, 名古屋市立大学大学院, 経済学研究科博士後期課程

学位

  • 学士, 経済学, 1984年03月, 京都大学
  • 修士, 経済学, 1991年03月, 名古屋市立大学
  • 博士, 経済学, 2000年07月, 名古屋市立大学

その他基本情報

委員歴

  • 2016年10月, 2018年10月, 日本国際経済学会, 学会誌出版委員長

経歴

  • 2000年10月, 中京大学, 経済学部, 教授
  • 1997年04月, 2000年09月, 中京大学, 経済学部, 助教授
  • 1994年04月, 1997年03月, 中京大学, 経済学部, 講師

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 国際経済学, 国際労働移動の経済分析

研究キーワード

  • 国際労働移動

著書・発表論文等

論文

  • 論文
    「Restriction Policy and Two Co-existing Types of Illegal Immigration」
    Kenji Kondoh
    Asia Pacific Journal of Regional Science, Springer, tba, tba, 2018年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    「International Immigration via Two Different Types of Midstream Countries」
    Kenji Kondoh
    Binh Tran-Nam, Makoto Tawada and Masayuki Okawa (Eds.) 『Recent Developments in Normative Trade Theory and Welfare Economics』, Springer, New Frontiers in Regional Science: Asian Perspectives, 26, tba, tba, 2018年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    「International Integration with Heterogeneous Immigration Policies」
    Nicola D. Coniglio and Kenji Kondoh
    International Economics, Elsevier, 142, 15, 31, 2015年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    「Renewable Resources, Environmental Pollution, and International Migration」
    Kenji Kondoh
    The International Economy, The Japan Society of International Economics, 17, 1, 14, 2015年, 査読有, 有り, 単著(単編著)
  • 論文
    「Emigration, Immigration, and Skill Formation: The Case of a Midstream Country」
    Kenji Kondoh
    International Journal of Population Research, Hindawi, 1, 8, 2014年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    「Unemployment, Environmental Policy, and International Migration」
    Kenji Kondoh and Shigemi Yabuuchi
    Journal of International Trade and Economic Development, Taylor & Francis, 21, 5, 677, 690, 2012年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    「Globalization and Economic Welfare: The Presence of an Unfair Gap between Skilled Workers」
    Kenji Kondoh
    Mediterranean Journal of Social Science, Mediterranean Center of Social and Educational Research, 3, 5, 17, 24, 2012年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    「Can an EPA Help a Country with a Decreasing Population」
    Kenji Kondoh
    Asia Pacific Journal of Accounting and Economics, APJAE, 17, 1, 1, 16, 2010年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    「Pollution Abatement Equipment and International Migration」
    Kenji Kondoh
    Asia Pacific Journal of Accounting and Economics, APJAE, 16, 3, 285, 295, 2009年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    「Trans-boundary Pollution, Free Trade Agreement /Economic Partnership Agreement and Economic Welfare」
    Kenji Kondoh
    International Journal of Economics and Business Reserach, Inderscience Publishers, 1, 1, 136, 152, 2009年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    「Temporary and Permanent Immigration under Unionization」
    Laixun Zhao & Kenji Kondoh
    Review of Development Economics, Blackwell, 11, 2, 346, 358, 2007年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    「Trans-Boundary Pollution and Brain Drain Migration」
    Kenji Kondoh
    Review of Development Economics, 11, 2, 333, 345, 2007年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    「The Frequency of Migration and Optimal Restriction Policies」
    Kenji Kondoh
    Global Business & Economics Anthology, Business & Economics Society International, 2006, 1, 197, 209, 2006年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    「Trans-boundary Pollution and International Migration」
    Kenji Kondoh
    Review of International Economics, Blackwell, 14, 2, 248, 260, 2006年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    「International Immigration, Economic Welfare in an Efficiency Wage Model」
    Kenji Kondoh
    Pacific Economic Review, 9, 1, 1, 12, 2004年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    「International Immigration, NonTraded Goods, and Economic Welfare in an Overlapping Generations Model」
    Kenji Kondoh
    Alan D. Woodland (Eds.) 『Economic Theory and International Trade』, Edward Elgar, 268, 277, 2002年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    「Legal Migration and Illegal Migration; The Effectiveness of Qualitative and Quantitative Restriction Policies」
    Kenji Kondoh
    Journal of International Trade and Economics Development, Routledge, 9, 3, 227, 245, 2000年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    「Permanent Migrants and Cross-Border Workers: The Effects on the Host Country」
    Kenji Kondoh
    Journal of Regional Science, Blackwell, 38, 3, 467, 478, 1999年, 査読有, 単著(単編著)

書籍等出版物

  • 『The Economics of International Immigration: Unemployment, the Wage Gap, and Economic Welfare』
    Kenji Kondoh
    著書, 単著, Springer, 2016年
  • 『現代経済理論と政策の諸問題』
    近藤健児・國崎稔・寶多康弘
    編著書, 共著, 勁草書房, 2012年
  • 『環境,貿易と国際労働移動』
    近藤健児
    著書, 単著, 勁草書房, 2009年
  • 『現代国際貿易の諸問題』
    近藤健児・藪内繁己
    編著書, 共著, 勁草書房, 2007年
  • 『労働者管理企業と労働移動の経済学』
    近藤健児・多和田眞・松葉敬文
    著書, 共著, 勁草書房, 2002年
  • 『国際労働移動の経済学』
    近藤健児
    著書, 単著, 勁草書房, 2000年

講演・口頭発表等

  • Tourism, Capital/Labor Inflow, and Regional Development
    Kenji Kondoh
    ETSG 2018 Warsaw, 2018年, 共同, 査読有, 無し, 国際会議, 口頭発表(一般), 研究報告, European Trade Study Group, ポーランド、ワルシャワ, Warsaw, Poland
  • Does the Promotion of Environmentally Friendly Tourism Always Improve the Economic Welfare?
    Kenji Kondoh
    58th ERSA Congress, 2018年, 共同, 査読有, 無し, 国際会議, 口頭発表(一般), 研究報告, European Regional Science Association, アイルランド、コーク, Cork
  • Tourism, Capital/Labor Inflow and Regional Development
    Kenji Kondoh & Yuichi Furukawa
    85th International Atlantic Economic Conference, 2018年, 共同, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), International Atlantic Economic Society, イギリス, ロンドン, London
  • International Immigration via Different Two-type Midstream Countries
    Kenji Kondoh
    83rd International Atlantic Economic Conference, 2017年, 単独, 国際会議, 口頭発表(一般), International Atlantic Economic Society, ドイツ, ベルリン, Berlin
  • International Immigration via Different Two-type Midstream Countries
    Kenji Kondoh
    7th International Conference on Economics of Global Interactions: New Perspectives on Trade, Factor Mobility and Development, 2016年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), University of Bari, Aldo Moro, イタリア, バーリ, Bari, Italy
  • International Immigration via Different Two-type Midstream Countries
    Kenji Kondoh
    56th European Regional Science Association Congress, 2016年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), European Regional Science Association, オーストリア, ウィーン, Vienna, Austlia
  • Emigration, Immigration and Skill Formation: The Case of a Midstream Country
    Kenji Kondoh
    5th International Conference on Economics of Global Interactions: New Perspectives on Trade, Factor Mobility and Development, 2014年, 単独, 国際会議, 口頭発表(一般), University of Bari, Aldo Moro, イタリア, バーリ, Bari, Italy
  • Multilateral economic integration and international migration: The economy of a midstream country
    Kenji Kondoh
    European Trade Study Group 2014, 2014年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), European Trade Study Group, ドイツ, ミュンヘン, Munich, Germany
  • Multilateral Economic Integration and International Migration: The Special Case of Russia, a Midstream Country
    Kenji Kondoh
    54th European Regional Science Association Congress, 2014年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), European Regional Science Association, ロシア, サンクト・ペテルブルグ, Saint Petersburg, Russia
  • Regional Integration with Heterogeneous Immigration Policies
    Kenji Kondoh & Nicola D. Coniglio
    4th International Conference on Economics of Global Interactions: New Perspectives on Trade, Factor Mobility and Development, 2013年, 共同, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), University of Bari, Aldo Moro, イタリア, バーリ, Bari, Italy
  • Renewable Resource, Environmental Pollution and International Migration
    Kenji Kondoh
    53rd European Regional Science Association Congress, 2013年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), European Regional Science Association, イタリア, パレルモ, Parelmo, Italy
  • Gains from globalization in the presence of an unfair competition between skilled workers
    Kenji Kondoh
    TCI 2012 Annual Conference, 2012年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), TCI Network, スペイン, ビルバオ & サン=セバスティアン, Bilbao & San Sebastian, Spain
  • Subsidy to environmental industry in a north-south model of trans-boundary pollution, trade and migration
    Kenji Kondoh
    52nd European Regional Science Association Congress, 2012年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), European Regional Science Association, スロヴァキア, ブラティスラヴァ, Bratislava, Slovakia
  • International Integration with Heterogeneous Immigration Policies
    Kenji Kondoh
    9th World Congress of Regional Science Association International, 2012年, 共同, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), Regional Science Association International, ルーマニア, ティミショアラ, Timisoara, Romania
  • Globalization and Economic Welfare: The Presence of an Unfair Gap between Skilled Workers
    Kenji Kondoh
    2nd International Conference on Human and Social Science, 2012年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), Mediterranean Center of Social and Educational Research, アルバニア, ティラナ, Tirana, Albania
  • International Integration with Heterogeneous Immigration Policies
    Kenji Kondoh
    Chukyo-Kyoto International Conference on Trade and Macro Economic Dynamics, 2011年, 共同, 査読無, 国際会議, 口頭発表(一般), 京都大学、中京大学, 日本, 名古屋(名古屋都市センター), Nagoya Urban Institute, Japan
  • Subsidy to environmental industry in a North-South model of trans-boundary pollution, trade and migration
    Kenji Kondoh
    70th International Atlantic Economic Society Conference, 2011年, 共同, 国際会議, 口頭発表(一般), International Atlantic Economic Society, ギリシア, アテネ, Athens, Greece
  • Unemployment, Environmental Policy, and International Migration
    Kenji Kondoh
    European Trade Study Group 2010, 2010年, 共同, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), European Trade Study Group, スイス, ローザンヌ, Lawsanne, Switzerland
  • Intra-industry Trade, Environmental Policy and International Migration,
    Kenji Kondoh
    1st International Conference on Economics of Global Interactions: New Perspectives on Trade, Factor Mobility and Development, 2010年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), University of Bari, Aldo Moro, イタリア, バーリ, Bari, Italy
  • International Migration, Trade Liberalization and Pollution Abatement Equipment
    Kenji Kondoh
    69th International Atlantic Economic Society Conference, 2010年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), International Atlantic Economic Society, チェコ, プラハ, Prague, Czech Republic
  • Pollution Abatement Equipment and International Migration
    Kenji Kondoh
    Annual Conference of Korean International Economiic Association, 2009年, 単独, 査読有, 有り, 国際会議, 口頭発表(招待・特別), Annual Conference of Korean International Economiic Association, 韓国, ソウル, Seoul, Korea
  • International Factor Mobility, Efficiency Wage Rate, and Imperfect Competition
    Kenji Kondoh
    49th Congress of the European Regional Science Association, 2009年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), European Regional Science Association, ポーランド, ウッヂ, Lodz, Poland
  • Pollution Abatement Equipment and International Migration
    Kenji Kondoh
    The 2009 Asia Pacific Journal of Accounting and Economics Symposium on Trade, Environment and Resources, 2009年, 単独, 査読有, 有り, 国際会議, 口頭発表(招待・特別), Asia Pacific Journal of Accounting and Economics, 中国, 香港, Hong-Kong, China
  • Trans-boundary Pollution, FTA/EPA and Economic Welfare
    Kenji Kondoh
    Business and Economic Society International 2008 Conference, 2008年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), Business and Economic Society International, スイス, ルガノ, Lugano, Switzerland
  • The Frequency of Migration and Optimal Restriction Policies
    Kenji Kondoh
    19th Annual Conference of European Association of Labour Economists, 2007年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), European Association of Labour Economists, ノルウェー, オスロ, Oslo, Norway
  • Trans-Boundary Pollution and Brain Drain Migration
    Kenji Kondoh
    15th Annual Conference of European Association of Environmental and Resource Economics, 2007年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), European Association of Environmental and Resource Economics, ギリシア, テッサロニキ, Thessaloniki, Greece
  • Temporary and Permanent Immigration under Unionization
    Kenji Kondoh & Laixun Zhao
    New Paradigms in Economics of Welfare and Trade under Globalisation, 2006年, 共同, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), University of New South Wales & ATAX, オーストラリア, シドニー, Sydney, Aiustralia
  • The Frequency of Migration and Optimal Restriction Policies
    Kenji Kondoh
    Business and Economic Society International 2006 Conference, 2006年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), Business and Economic Society International, イタリア, フィレンツェ, Florence, Italy
  • International Labor Standards and International Migration
    Kenji Kondoh
    The 19th Pacific Regional Science Conference, 2005年, 共同, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), Regional Science Association International, 日本, 東京(日本大学), Tokyo, Japan
  • International Labor Standards and International Migration
    Kenji Kondoh
    19th Annual Conference of the European Society for Population Economics, 2005年, 共同, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), European Society for Population Economics, フランス, パリ, Paris, France
  • International Labor Standards and International Migration
    Kenji Kondoh & Laixun Zhao
    Kobe COE One-Day Conference on Labor Mobility and International Trade, 2004年, 共同, 査読有, 有り, 国際会議, 口頭発表(招待・特別), Kobe University, 日本、神戸(神戸大学), Kobe, Japan
  • Temporary and Permanent Immigration under Unionization
    Kenji Kondoh
    44th Congress of the European Regional Science Association, 2004年, 共同, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), European Regional Science Association, ポルトガル, ポルト, Porto, Portugal
  • Trans-Boundary Pollution and International Migration
    Kenji Kondoh
    European Trade Study Group 2003, 2003年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), European Trade Study Group, スペイン, マドリード, Madrid, Spain
  • International Migration, Remittance and Trans-Boundary Pollution
    Kenji Kondoh
    18th Pacific Regional Science Conference, 2003年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), Regional Science Association International, メキシコ, アカプルコ, Acapulco, Mexico
  • Immigration and Remittance under Unionization
    Kenji Kondoh
    International Conference - International Trade and Factor Mobility, 2003年, 共同, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), 関西大学, 日本, 大阪(関西大学), Osaka, Japan
  • Trans-Boundary Pollution and International Migration
    Kenji Kondoh
    日本国際経済学会第61回全国大会, 2002年, 単独, 査読有, 国内会議, 口頭発表(一般), 日本国際経済学会, 日本、仙台(東北大学), Sendai, Japan
  • Trans-Boundary Pollution and International Migration
    Kenji Kondoh
    42nd Congress of the European Regional Science Association, 2002年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), European Regional Science Association, ドイツ, ドルトムント, Dortmund, Germany
  • International Immigration, Economic Welfare in an Efficiency Wage Model
    Kenji Kondoh
    13th International Symposium, The Secretariat of the PRSCO of the RSAI, 2001年, 単独, 国際会議, Regional Science Association International, 日本, 京都(龍谷大学), Kyoto, Japan
  • Legal and Illegal Immigration in an Efficiency Wage Model
    Kenji Kondoh
    41st Congress of the European Regional Science Association, 2001年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), European Regional Science Association, クロアチア, ザグレブ, Zagreb, Croatia
  • 合法移民と非合法移民―質的、量的規制政策の有効性について
    Kenji Kondoh
    日中経済学術交流会議名古屋会議, 1998年, 単独, 査読無, 国際会議, 口頭発表(一般), 名古屋市立大学 & 南京大学, 日本、名古屋(ルブラ王山), Nagoya, Japan
  • Permanent Migrants and Cross-Border Workers
    Kenji Kondoh
    Conference on Economics in Business and Government, 1996年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), University of New South Wales, オーストラリア, ブリスベン, Brisbane, Australia
  • Illegal Migrants in an Overlapping-Generations Model
    Kenji Kondoh
    5th World Congress Regional Science Association International, 1996年, 単独, 査読有, 国際会議, 口頭発表(一般), Regional Science Association International, 日本, 東京(立正大学), Tokyo, Japan
  • Permanent Migrants and Cross-Border Workers
    Kenji Kondoh
    理論計量経済学会(現日本経済学会)1995年度全国大会, 1995年, 単独, 査読有, 国内会議, 口頭発表(一般), 理論計量経済学会(現日本経済学会), 日本、東京(学習院大学), Tokyo, Japan

その他研究情報

受賞

  • 2017年, 近藤健児, 単独, 日本地域学会, 第16回著作賞
  • 2017年, 近藤健児, 単独, 日本応用経済学会, 2016年度日本応用経済学会著作賞
  • 2012年, 近藤健児, 単独, 日本国際経済学会, 小島清賞研究奨励賞
  • 2003年, 近藤健児, 共同, 日本地域学会, 第2回著作賞

外部資金

  • 公益財団法人 日東学術振興財団
    海外助成
    公的研究費, 企業からの研究助成金, 代表, 国際経済学, 「観光開発か、外国人労働者受け入れか」人口減少地域における望ましい経済振興策の探求, 2017, 201711, 201912
  • 日本学術振興会
    科学研究費補助金(基盤研究(C))
    公的研究費, 競争的資金, 代表, 経済政策, タイプの異なる中間国を経由する複数ルートからの不法移民に対する最適規制政策の研究, 2016, 2016.4, 2019.3, 16K03676, 財、資本、労働の移動が自由化された経済ブロックであるシェンゲン協定において、最終目的国であるドイツのような好景気先進国へと向かう不法移民の流れは、中程度の経済状況の先進国イタリアを経由する中央地中海ルートと、不景気な中進国ギリシャを経由する東地中海ルートの2通りがある。イタリアでは不法移民の国内残留を抑制する目的で国境検問が行われるが、ギリシャでは悪い経済状況を嫌う不法移民が素通りしてゆくので、一切の移民流入規制が行われない。ドイツは国内査察によって移民の摘発をするが、さらに経済厚生を高めるために2通りの政策手段が想定できる。1つはイタリアと政策協調し、イタリアの国境検問の水準を引き上げることである。しかしこれはギリシャ経由の移民を増やすことにつながり、当初こそ有効であっても、一定水準以上ではかえってドイツ、イタリア両国に不利益となる。もう1つの政策手段として、ドイツがギリシャとの間に国境検問を導入することも考えられる。これは一定の合理的な条件の下で、ドイツ、イタリア両国の経済厚生向上につながる。
  • 日本学術振興会
    科学研究費補助金(基盤研究(C))
    公的研究費, 競争的資金, 代表, 経済政策, 多国間経済連携協定にともなう労働市場の国際化に関する経済分析, 2013, 2013.4, 2016.3, 25380340, 多国間経済連携協定の進む中、労働市場のグローバル化が抱える問題を、労働送り出し国でもあり受け入れ国でもある中間国の抱える問題や、質的規制/量的規制と異なる移民政策を採る先進国同士の経済統合に伴う労働市場の一体化がもたらす問題について、理論的に考察した。前者では移民受入規制が技術蓄積や所得格差に負の効果をもたらす可能性を指摘し、後者では経済統合が利益となるかは統合前にどちらの国の賃金が高かったかが鍵となることを示した。
  • エラスムス・マンダス
    研究者向け奨学金「国際貿易とヨーロッパ統合の経済学」
    奨学寄附金, 競争的資金, 代表, 国際労働移動と環境問題, 2010, 2010.9, 2011.3, イタリア・バーリ大学にて3か月間研究に従事することを条件とした奨学金
  • 日本学術振興会
    科学研究費補助金(基盤研究(C))
    公的研究費, 競争的資金, 代表, 応用経済学, 少子高齢化・高失業率の先進国による戦略としてのエコ産業育成政策―貿易モデル分析, 2010, 2010.4, 2013.3, 22530244, 環境汚染を引き起こす工業材生産部門に汚染抑制装置を提供する産業部門が存在するという拡張された小国Copeland and Taylorモデルに、都市部門の最低賃金と失業を導入し、環境税や賃金政策、外国人労働の受け入れなどの経済効果について分析を行った。とりわけ労働受け入れは、一定の条件のもとでは、環境問題、失業問題、国内の経済厚生いずれにも好影響をもたらしうるという注目すべき結論が得られた。この共同研究はJournal of International Trade and Economic Development (2012) に掲載された。
  • 日本学術振興会
    科学研究費補助金(基盤研究(C))
    公的研究費, 競争的資金, 分担, アジア地域におけるFTAが加盟国の産業構造と所得格差に与える影響の理論的分析, 2007, 2007.4, 2010.3, 19530210, 自由貿易協定(FTA)などにより貿易や生産要素の移動が自由化されたときの経済効果について理論的な分析を行った。その結果、貿易の自由化や資本や労働の流入は、失業や熟練労働と非熟練労働の賃金格差に重要な影響を及ぼすことが確認された。たとえば、貿易の自由化は一定の条件の下で、賃金格差を縮小し失業率を低下させ、また賃金格差や失業に対しては要素移動の自由化よりも貿易の自由化が望ましいというものである。
  • 日本学術振興会
    科学研究費補助金(基盤研究(C))
    公的研究費, 競争的資金, 代表, 経済政策, 少子高齢化社会における外国人労働者の選択的受け入れ政策に関する研究, 2007, 2007.4, 2010.3, 19530255, EPAに基づく看護・介護労働者の導入政策についての理論研究を行い,労働受け入れ期間のみを相手国に示し,労働者の量を内生化して最適にコントロールする政策をとることの有利性を示した。また汚染抑制産業が存在すると,外国人労働受け入れがグローバルな利益をもたらす可能性を示した。一方で失業者の存在を想定した場合には,労働者の熟練度にかかわらず,受け入れ政策が賃金格差を拡大する可能性も示した。
  • 日本学術振興会
    科学研究費補助金(基盤研究(C))
    公的研究費, 競争的資金, 代表, 応用経済学, 越境汚染と国際労働移動, 2003, 2003.4, 2005.3, 15530167, Copeland and Taylor(1999)の2国2財2要素モデルに越境汚染を加えた静学モデルで分析を行ったものである。汚染排出抑制技術のみが異なる先進国と発展途上国の2国間で途上国が汚染排出工業財に比較優位をもち、国際労働移動の送り出し国となる。移民労働者の送金活動の有無、送金する際に2財のどちらの財で行うかによって生じる、両国の経済厚生への影響の違いを分析した。

内外研究・留学実績

内外研究・留学実績

内外研究・留学実績

  • 201102, 201103, イタリア, バーリ大学
  • 201009, 201009, イタリア, バーリ大学
  • 199708, 199808, カナダ, マギル大学

教育活動情報

授業等

担当経験のある科目

  • 国際経済学、国際要素移動論、ヨーロッパ経済論、歴史Ⅱ, 国際経済学, 『国際経済学』創成社 1999.9 、『経済学のエッセンス100』中央経済社 2003.4、『国際経済学の基礎100項目』2007.5(いずれも共著)、『ファーストステップ経済数学』2007.4(単著)


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.