研究者総覧

鈴木 崇児
経済学部
教授
Last Updated :2019/02/15

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    鈴木 崇児
  • 氏名(カナ)

    (スズキ タカジ)

所属

所属(マスタ)

  • 経済学部, 教授
  • 経済学科, 教授
  • 経済研究所, 研究員

学歴等

学位

  • 博士, 工学, 2000年03月, 岐阜大学

研究活動情報

著書・発表論文等

論文

  • 論文
    The diversification of railway companies: Urban land use equilibrium analyses
    Transportation Research Procedia, 2017年, This study shows the effects of the diversification of railway companies into real estate business on their primary business and the growth of commercial areas along railway lines.
  • 論文
    「都市交通管理施策決定のための交通ネットワーク均衡に基づく分析的枠組み」
    交通学研究, 2005年
  • 論文
    “The optimal cost allocation for urban transport management”
    in Urban Transport and environment X,, 2004年
  • 論文
    「都市交通システム管理のための最適費用配分の検討」
    地域学研究, 2002年
  • 論文
    “A Ramsey Price Equilibrium Model for Urban Transit Systems: A bilevel programming approach with transportation network equilibrium constraints”
    in World Transport Research, Vol.2, 1996年
  • 論文
    「道路混雑現象を内生化したラムゼイ価格基準に基づく公共交通整備の費用負担分析」
    応用地域学研究, 1996年

書籍等出版物

  • 鉄道と地域発展
    著書, 勁草書房, 2014年
  • 交通経済ハンドブック
    辞書, 白桃書房, 2011年
  • 成功するコミュニティバス
    著書, 学芸出版社, 2009年
  • 交通安全の経済分析
    編著書, 勁草書房, 2009年
  • Application of self-selected pricing to the Japanese highway fee system based on the ETC
    著書, Urban transport XIV, 2008年
  • An analytical framework for optimal urban transport management policies based on a binary mode choice/assignment model
    著書, Proc. of 11th WCTR, 2007年
  • 『MPEC にもとづく交通・地域政策分析』
    著書, 勁草書房, 2003年
  • 『都市鉄道の次善料金形成―自動車交通との競合下での理論―』
    著書, 勁草書房, 2002年
  • 『すぐわかる計画数学』
    著書, コロナ社, 1998年
  • 『都市交通プロジェクトの評価―例題と演習―』
    著書, コロナ社, 1996年

講演・口頭発表等

  • Sustaining Japanese local railway services by transfer ownership to local municipalities - the case of Yoro railway -
    鈴木崇児
    3rd University of Bari - Chukyo University WORKSHOP"ECONOMIC SPECIALIZATION, TRANSPORTS AND DEVELOPMENT", 2018年, 共同, 国際会議
  • Urban land use equilibrium analyses considering diversified business and train operation of a railway company
    2016年, WORLD CONFERENCE ON TRANSPORT RESEARCH SOCIETY, CHAINA, SHANGHAI

その他研究情報

外部資金

  • 日本学術振興会
    科学研究費補助金(若手研究(B))
    自己選択型差別料金制度を活用したETC による高速道路混雑緩和に関する研究, 2006
  • シキシマ学術・文化振興財団
    財団法人シキシマ学術・文化振興財団 第20回研究助成金
    大都市雇用圏データに基づく名古屋都市圏経済の構造的特性とその変貌に関する研究, 2005
  • 日本学術振興会
    科学研究費補助金(奨励研究)
    MPEC を応用した公共輸送機関の次善料金形成理論に基づく都市交通システム政策分析, 1999

内外研究・留学実績

内外研究・留学実績

内外研究・留学実績

  • 200309, 200408, イギリス, ロンドン大学インペリアルカレッジ


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.