研究者総覧

伊藤 央二
スポーツ科学部
准教授
Last Updated :2021/06/21

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    伊藤 央二
  • 氏名(カナ)

    (イトウ エイジ)

基本情報

  • プロフィール

    順天堂大学スポーツ健康科学部卒業,順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科博士前期課程修了,アルバータ大学体育・レクリエーション学部博士後期課程修了。博士(体育・レクリエーション学)。順天堂大学スポーツ健康科学研究科スポーツ健康医科学研究所博士研究員,和歌山大学観光学部講師・准教授を経て,現在,中京大学スポーツ科学部准教授。専門はスポーツツーリズム,余暇・レジャー学,文化心理学。
  • URL

  • researchmapURL

所属

所属(マスタ)

  • スポーツ科学部, 准教授
  • スポーツマネジメント学科, 准教授
  • スポーツ科学研究科, 准教授

学歴等

学歴

  • 2009年09月, 2014年01月, アルバータ大学, 体育・レクリエーション学部, カナダ
  • 2006年04月, 2008年03月, 順天堂大学, スポーツ健康科学研究科, スポーツ社会学領域, 日本

学位

  • Ph.D., 体育・レクリエーション学, 2014年01月, アルバータ大学
  • 修士, スポーツ健康学, 2008年03月, 順天堂大学
  • 学士, スポーツマネジメント学, 2006年03月, 順天堂大学

その他基本情報

所属学協会

  • 観光学術学会
  • 日本体育・スポーツ・健康学会
  • 日本生涯スポーツ学会

委員歴

  • 日本生涯スポーツ学会, 日本生涯スポーツ学会 理事
  • Journal of Leisure Research Associate Editor
  • 大阪府市都市魅力戦略推進会議
  • 日本生涯スポーツ学会, 生涯スポーツ学研究編集委員
  • 「水の国,わかやま。」体験事業者スタートアップ補助金に係るヒアリング
  • 「水の国,わかやま。」体験事業者スタートアップ補助金に係るヒアリング
  • ねんりんピック紀の国わかやま2019広報宣伝業務委託公募型プロポーザル審査委員会
  • ワールドマスターズゲームズ2021関西 観光に関する業務委託 プロポーザル受託候補者の選定委員会
  • 岸和田競輪場施設整備工事に伴う設計者選定委員会
  • 岸和田市競輪場施設整備工事に伴う設計委託公募型プロポーザルにおける業者選定 意見聴取
  • ねんりんピック紀の国わかやま2019広報宣伝業務委託公募型プロポーザル審査委員会
  • 岸和田競輪場施設整備計画検討委員会

経歴

  • 2020年04月, 2021年03月, 和歌山大学, 国際観光学研究センター, センター長代理
  • 2018年04月, 2021年03月, 和歌山大学, 観光学部, 准教授
  • 2015年04月, 2018年03月, 和歌山大学, 観光学部, 専任講師
  • 2014年04月, 2015年03月, 順天堂大学, スポーツ健康科学研究科スポーツ健康医科学研究所, 博士研究員

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • スポーツツーリズム
  • 余暇・レジャー学
  • 文化心理学

研究キーワード

  • スポーツツーリズム
  • 余暇・レジャー
  • 文化

著書・発表論文等

論文

  • 論文
    Constraints to everyday cycle sport tourism during the COVID-19 pandemic in Japan
    Ito, E.
    Wakayama Tourism Review, 1, 15, 17, 2021年, 査読無, 無し, 単著(単編著)
  • 研究ノート
    The measurement model of leisure constraint negotiation in leisure-time physical activity context: Reflective or formative?
    Kono, S., Ito, E., & Loucks-Atkinson, A.
    Journal of Leisure Research, 52, 1, 120, 127, 2021年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    主観的類型に基づく日本人マスターズ大会参加者の阻害要因と阻害要因折衝
    伊藤央二・河野慎太朗
    生涯スポーツ学研究, 17, 2, 29, 39, 2021年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    世界遺産の参詣道「熊野古道」を歩くことで得られる感嘆喚起経験
    伊藤央二・河野慎太朗
    観光学, 24, 1, 8, 2021年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    コロナ禍における観光学分野のオンラインプログラムの状況と課題について
    村野美里・伊藤央二
    観光学, 24, 49, 57, 2021年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Supplemental tourism activities: A conceptual framework to maximise sport tourism benefits and opportunities
    Ito, E., & Higham, J.
    Journal of Sport & Tourism, 24, 4, 269, 284, 2020年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Relationships of involvement and interdependent happiness across a revised Masters Games participant typology
    Ito, E.
    Journal of Sport & Tourism, 24, 4, 235, 250, 2020年, 査読有, 無し, 単著(単編著)
  • 研究ノート
    Ideal and tourism affect among Mainland Chinese tourists in Hokkaido, Japan: A comparison between tourists with and without ski experience
    Hu, R., & Ito, E.
    International Journal of Sport and Health Science, 18, 247, 252, 2020年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    トレイルランニングイベントにおける主催者のリスクマネジメント:質的研究によるリスクとリスク対策の検討
    山口志郎・伊藤央二
    生涯スポーツ学研究, 17, 1, 13, 26, 2020年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    ねんりんピック紀の国わかやま2019でのサプリメンタル観光ツアー開発と参加者のツアー満足と心理的経験についての関連性
    伊藤央二
    観光学, 23, 55, 65, 2020年, 査読有, 無し, 単著(単編著)
  • 書評
    Introduction of the special issue "a social psychology of leisure 2.0"
    Ito, E., Loucks-Atkinson, A., & Kono, S.
    Journal of Leisure Research, 51, 5, 511, 516, 2020年, 査読無, 有り, 共著(共編著)
  • 書評
    Concluding the special issue “a social psychology of leisure 2.0"
    Kono, S., Ito, E., & Loucks-Atkinson, A.
    Journal of Leisure Research, 51, 5, 643, 649, 2020年, 査読無, 有り, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    Understanding cultural variations in outdoor tourism behaviors for outdoor sport tourism development: A case of the Blue Mountains National Park
    Ito, E.
    Tourism Planning & Development, 1, 7, 2020年, 査読有, 無し, 単著(単編著)
  • 研究ノート
    スポーツイベント観戦者の理想とする快感情と再観戦意図の関連性について:Bリーグ大阪エヴェッサの観戦者に着目して
    伊藤央二・彦次佳・山口志郎
    スポーツ産業学研究, 30, 2, 207, 213, 2020年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Predictive power of leisure constraint-negotiation models within the leisure-time physical activity context: A partial least squares structural equation modeling approach
    Kono, S., Ito, E., Walker, G. J., & Gui, J.
    Journal of Leisure Research, 51, 3, 325, 347, 2020年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    ポスト東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のスポーツツーリズム政策
    伊藤央二
    観光学評論, 8, 1, 45, 53, 2020年, 査読有, 有り, 単著(単編著)
  • 論文
    Empirical investigation of the relationship between serious leisure and meaning in life among Japanese and Euro-Canadians
    Kono, S., Ito, E., & Gui, J.
    Leisure Studies, 39, 1, 131, 145, 2020年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    大学弓道選手の心理的スキルと日本的スポーツ価値志向に関する研究
    永野杏奈・伊藤央二
    大学体育スポーツ学研究, 17, 70, 78, 2020年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    市民マラソンにおけるイベント満足度がディスティネーションの認知,イメージ,及びロイヤルティに与える影響:参加者視点のディスティネーションブランドエクイティの構築
    山口志郎・伊藤央二
    スポーツ産業学研究, 30, 1, 13, 30, 2020年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Development of cross-culturally informed leisure-time physical activity constraint and constraint negotiation typologies: The case of Japanese and Euro-Canadian adults
    Ito, E., Kono, S., & Walker, G. J.
    Leisure Sciences, 42, 5/6, 411, 429, 2020年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    Relationships of involvement and interdependent happiness between domestic and international Japanese masters games tourists
    Ito, E., & Hikoji, K.
    Annals of Leisure Research, 1, 7, 2019年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Similarities and differences in constraints and constraint negotiation among Japanese sport tourists: A case of masters games participants
    Ito, E., & Kono, S.
    Journal of Sport & Tourism, 23, 2/3, 63, 77, 2020年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    諏訪湖マラソン大会参加者のマラソン大会参加動機と観光動機に関する研究:参加者の宿泊と同伴者の有無に着目して
    伊藤央二・藤森美月
    生涯スポーツ学研究, 16, 2, 1, 11, 2020年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    レジャー参加パターン間におけるマスターズ大会参加者の大会参加へののめり込み度と相互協調的幸福感の関連性について:オンライン調査を用いた事例研究
    児嶋恵伍・伊藤央二
    生涯スポーツ学研究, 16, 1, 11, 20, 2019年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    サイクリングイベント参加者の参加動機と運営協力,再参加意図,口コミとの関連
    高松祥平・山口志郎・伊藤央二
    体育・スポーツ科学, 28, 1, 6, 2019年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    日本人国外スポーツツーリストのサプリメンタル観光行動に関する阻害要因:アジアパシフィックマスターズゲームズ2018ペナン大会の日本人参加者の事例研究
    児嶋恵伍・伊藤央二・吉村実佳・藤森美月・坂本直斗
    観光学, 21, 27, 34, 2019年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Theorizing leisure's roles in the pursuit of ikigai (life worthiness): A mixed-methods approach
    Kono, S., Walker, G. J., Ito, E., & Hagi, Y.
    Leisure Sciences, 41, 4, 237, 259, 2019年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Cultural similarities and differences in the relationship between types of leisure activity and happiness in Canadian, Chinese, and Japanese university students
    Ito, E., Walker, G. J., Mitas, O., & Liu, H.
    World Leisure Journal, 61, 1, 30, 42, 2019年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    A comparison of immediate and retrospective affective reports in leisure contexts
    Ito, E., Walker, G. J., & Kono, S.
    Journal Leisure Research, 50, 1, 48, 55, 2019年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Are leisure constraints models reflective or formative?: Evidence from confirmatory tetrad analyses
    Kono, S., Ito, E., & Loucks-Atkinson, A.
    Leisure Sciences, 1, 22, 2018年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Research, lifelong sport, and travel: Sustainable sport tourism in the prefecture of Okinawa
    Hinch, T., & Ito, E.
    生涯スポーツ学研究, 15, 2, 1, 13, 2018年, 査読無, 有り, 共著(共編著)
  • 論文
    サイクルスポーツイベントの再参加意図と口コミにおける感情評価理論の援用
    伊藤央二・山口志郎・高松祥平
    生涯スポーツ学研究, 15, 2, 15, 22, 2019年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    国外マスターズスポーツ大会参加者の阻害要因および阻害要因折衝:World Masters Games 2017 Auckland参加者の事例報告
    彦次佳・伊藤央二
    生涯スポーツ学研究, 15, 2, 49, 55, 2019年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Discrepancies between Japanese undergraduate students' ideal affect and actual affect in social contexts and life domains
    Ito, E., Walker, G. J., & Mannell, B.
    International Journal of the Sociology of Leisure, 1, 3, 227, 240, 2018年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    Constraints and constraint negotiation when participating in domestic and international masters games
    Ito, E., & Hikoji, K.
    International Journal of Sport and Health Science, 16, 120, 127, 2018年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    熊野古道を歩くことがもたらす多局面にわたる感情経験について
    長野慎一・伊藤央二
    生涯スポーツ学研究, 15, 1, 11, 23, 2018年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Relationships among self-construal, control, and positive affect in Japanese undergraduate students' leisure experience
    Ito, E., & Walker, G. J.
    World Leisure Journal, 60, 1, 14, 28, 2018年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    Sustainable sport tourism in Japan
    Hinch, T., & Ito, E.
    Tourism Planning & Development, 18, 1, 96, 101, 2018年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    中山間地域における持続可能なスポーツツーリズムの発展:吉野川のアウトドアスポーツを事例に
    山口志郎・高松祥平・伊藤央二・岡安功
    生涯スポーツ学研究, 14, 2, 41, 52, 2018年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    日本におけるスポーツコミッションの設立プロセスの検討:さいたま市,新潟市,福岡市の事例報告
    伊藤央二・山口志郎・山口泰雄・伊藤克広・高見彰
    イベント学研究, 2, 1, 13, 18, 2017年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    国内スポーツツーリズム研究の系統的レビュー
    伊藤央二・Hinch, T.
    体育学研究, 62, 2, 773, 787, 2017年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Perceived benefits of sport participation for people with dementia: A case study of the running events in Wakayama
    Uenoyama, Y., & Ito, E.
    Journal of Asiania Sport for All, 14, 1, 4, 12, 2017年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Cardiometabolic risk factors in type 2 diabetes with high fat and low muscle mass: At baseline and in response to exercise
    Terada, T., Boulé, N. G., Forhan, M., Prado, C., Kenny, G., Prud’homme, D., Ito, E., & Sigal, R. J.
    Obesity, 25, 5, 881, 891, 2017年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    A cross-cultural/national study of Canadian, Chinese, and Japanese university students' leisure satisfaction and subjective well-being
    Ito, E., Walker, G. J., Liu, H., & Mitas, O.
    Leisure Sciences, 39, 2, 186, 204, 2017年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Mainland Chinese Canadian immigrants' leisure satisfaction and subjective well-being: Results of a two year longitudinal study
    Walker, G. J., & Ito, E.
    Leisure Sciences, 39, 2, 174, 185, 2017年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Cultural commonality and specificity in Japanese and Euro-Canadian undergraduate students' leisure experiences: An exploratory study on control and positive affect
    Ito, E., & Walker, G. J.
    Leisure Sciences, 38, 3, 249, 267, 2016年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    青年の野外レクリエーションの参加動機と阻害要因が野外レクリエーション参加に与える影響:日本とカナダの文化的類似・相違点の比較検討
    伊藤央二・山口志郎・岡安功・北村薫・Walker G. J.
    体育学研究, 61, 1, 11, 27, 2016年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    積極的対応と消極的対応グループ間の野外レクリエーションにおける阻害要因の類似・相違点について
    伊藤央二・山口志郎・岡安功・Walker, G. J.
    生涯スポーツ学研究, 12, 2, 25, 33, 2016年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    A systematic review of non-Western and cross-cultural/national leisure research
    Ito, E., Walker, G. J., & Liang, H.
    Journal of Leisure Research, 46, 2, 226, 239, 2014年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Similarities and differences in leisure conceptualizations between Japan and Canada and between Japanese leisure-like terms
    Ito, E., & Walker, G. J.
    Leisure/Loisir, 38, 1, 1, 19, 2014年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    Ideal affect, actual affect, and affect discrepancy during leisure and paid work
    Mannell, B., Walker, G. J., & Ito, E.
    Journal of Leisure Research, 46, 1, 13, 37, 2014年, 査読有, 有り, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    カナダ・アルバータ州の生涯スポーツ・レジャーと地域の関連性について
    岡安功・伊藤央二・山口志郎
    生涯スポーツ学研究, 9, 1/2, 49, 55, 2013年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    The Americanization of Japanese professional baseball fans: The case of Bobby Valentine and the Chiba Lotte Marines
    Ito, E., Walker, G. J., & Nogawa, H.
    Journal of Asiania Sport for All, 11, 1, 108, 124, 2011年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 論文
    The role of leisure in the assimilation of Brazilian immigrants into Japanese society: Acculturation and structural assimilation through judo participation
    Ito, E., Nogawa, H., Kitamura, K., & Walker, G. J.
    International Journal of Sport and Health Science, 9, 8, 14, 2011年, 査読有, 無し, 共著(共編著)
  • 研究ノート
    観戦エリア別における充足欲求と座席選択要因の相違について:千葉ロッテマリーンズ観戦者に着目して
    伊藤央二・野川春夫
    生涯スポーツ学研究, 6, 2, 27, 37, 2010年, 査読有, 無し, 共著(共編著)

書籍等出版物

  • スポーツツーリズム:メガイベントが日本社会を変える
    伊藤央二
    編著書, 編者, 和歌山大学国際観光学研究センター, 2021年
  • スポーツ産業論(第7版)
    伊藤央二
    編著書, 分担執筆, スポーツツーリズムの発展, 杏林書院, 2021年
  • 新版スポーツイベント検定テキスト
    伊藤央二
    編著書, 分担執筆, 地域活性化とスポーツイベント, 日本イベント産業振興協会, 2021年
  • Tourism development in Japan: Themes, issues and challenges
    Ito, E., & Hinch, T.
    編著書, 分担執筆, A systematic review of sport tourism research in Japan, Routledge, 2020年
  • スポーツツーリズム入門
    伊藤央二・山口志郎訳
    翻訳, 共訳, 晃洋書房, 2020年
  • Sports volunteers around the globe: Meaning and understanding of volunteering and its societal impact
    Ikeji, T., Ito, E., Fairley, S., & Yamaguchi, S.
    編著書, 分担執筆, Japan, Springer, 2019年
  • Meanings of leisure in Japan
    Ito, E.
    著書, 単著, Koyo Shobo, 2018年
  • 生涯スポーツ実践論(第4版)
    伊藤央二
    編著書, 分担執筆, 生涯スポーツの伝統と文化, 市村出版, 2018年
  • Sport Tourism Development (3rd edition)
    Ito, E.
    著書, その他, Culture, ideal affect, and sport tourist motivations (case study), Channel View Publications, 2018年
  • ここからはじめる観光学:楽しさから知的好奇心へ
    伊藤央二
    編著書, 分担執筆, 観光と感情, ナカニシヤ出版, 2016年

講演・口頭発表等

  • 野外活動を行う大学生のストレスに関する研究:運動系と文科系の相違および課外活動自粛中と自粛明けの相違に着目して
    川村亮輔・松田優里・石丸日和・榎本皐・マリアムサブリナ・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会第22回大会, 共同, 国内会議
  • Cultural variations in outdoor tourism behaviors in the Greater Blue Mountains World Heritage Area
    Ito, E.
    SEAMA 2020, 2020年, 単独, 国際会議
  • Comparing the influence of cultural experience on city image before and after participation in the Kobe Marathon in Japan
    Yamaguchi, S., Yamaguchi, Y., Ito, K., Aoyama, M., & Ito, E.
    The 27th European Association for Sport Management Conference, 共同, 国際会議
  • 観戦型スポーツイベントの再参加意図における感情評価理論の援用:Bリーグ大阪エヴェッサの観戦者に着目して
    伊藤央二・彦次佳
    日本生涯スポーツ学会 第21回大会, 共同, 国内会議
  • トレイルランニングイベントにおける主催者のリスク要因:グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いて
    山口志郎・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第21回大会, 共同, 国内会議
  • 訪日中国人スキーツアー観光客における感情評価理論の援用:理想感情と実際感情の比較に関する研究
    胡戎・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第21回大会, 共同, 国内会議
  • 男子との野球経験の有無による女子硬式野球選手の自己効力感と集団効力感の類似・相違点について
    森脇瑠香・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第21回大会, 共同, 国内会議
  • 生涯スポーツ競技者における運動志向性とレジリエンスの関連性についての研究:個人種目と団体種目の相違に着目して
    原田一平・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第21回大会, 共同, 国内会議
  • 集団効力感とチームパフォーマンスの関連性および集団効力感の性差に関する研究:高校伊那駅伝大会参加者に着目して
    宮下凌・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第21回大会, 共同, 国内会議
  • 日本的スポーツ価値志向間における柔道選手の動機づけの比較検証
    森亮貴・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第21回大会, 共同, 国内会議
  • 少年サッカーにおけるスポーツペアレンティングと選手の有能感に関する研究
    荒木拓海・竹本朱理亜・寺尾佳苗・深津那菜・薮谷諒真・山本陽子・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第21回大会, 共同, 国内会議
  • Similarities and differences in constraints and constraint negotiation among Japanese sport tourists: The case of masters games participants
    Ito, E., & Kono, S.
    The 25th Asia Pacific Tourism Association Conference, 共同, 国際会議
  • Smartphone-based experience sampling method study of leisure and life worth living
    Kono, S., Ito, E., & Gui, J.
    The 2019 The Academy of Leisure Sciences Research Institute, 2019年, 共同, 国際会議
  • 身体活動の阻害要因と阻害要因折衝における日加間の文化的相違性と類似性について
    伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第20回大会, 単独, 国内会議
  • 弓道選手の心理的スキルに関する研究
    永野杏奈・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第20回大会, 共同, 国内会議
  • スポーツイベントにおけるスポンサーシップの効果と購入意図の関連性について
    吉村実佳・山口志郎・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第20回大会, 共同, 国内会議
  • 大学生の運動部活動の異競技選択要因と非継続要因に関する研究
    坂本直斗・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第20回大会, 共同, 国内会議
  • ヨガ実施者の健康感に関する研究
    森亮貴・森脇瑠香・原田一平・宮下凌・涌井拓磨・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第20回大会, 共同, 国内会議
  • テニスの参加パターン間におけるのめり込み度及び主観的幸福感の比較検証
    児嶋恵伍・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第20回大会, 共同, 国内会議
  • スキー参加を目的とする訪日中国人観光客のPush・Pull要因と日本国内スキーリゾートへの再訪意図の関連性について
    胡戎・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第20回大会, 共同, 国内会議
  • Similarities and differences in the relationships of involvement and happiness between international and domestic sport tourists
    Ito, E. & Hikoji, K.
    The 7th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport, 共同, 国際会議
  • Life satisfaction and leisure involvement across leisure participation patterns
    Kojima, K., & Ito, E.
    The 7th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport, 共同, 国際会議
  • How does sport sponsorship contribute to purchase intention?
    Yoshimura, M., Yamaguchi, S., & Ito, E.
    The 7th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport, 共同, 国際会議
  • A cross-cultural investigation of leisure, place attachment, and meaning in life
    Kono, S., Ito, E., Okayasu, I., & Walker, G. J.
    The XIX International Sociological Association World Congress of Sociology, 共同, 国際会議
  • Does leisure involvement relate to interdependent happiness among Japanese masters athletes?
    Ito, E., & Hikoji, K.
    The XIX International Sociological Association World Congress of Sociology, 共同, 国際会議
  • レジャー活動中の感情における即時報告と回顧報告の比較
    伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第19回大会, 単独, 国内会議
  • スポーツボランティアの再概念化に向けた質的研究:文化的自己観を用いて
    山口志郎・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第19回大会, 共同, 国内会議
  • サイクルスポーツイベント参加者の満足度と再参加意欲に関する研究
    八木悠太・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第19回大会, 共同, 国内会議
  • 熊野古道を歩くツーリストの欲求充足度合いに関する研究
    坂本直斗・永野杏奈・藤森美月・吉村実佳・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第19回大会, 共同, 国内会議
  • 紀美野ふれあいマラソンによる地域活性可能性
    繁侑里・井上美波・彦次佳・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第19回大会, 共同, 国内会議
  • 紀州口熊野マラソンにおけるハーフマラソンランナーとフルマラソンランナーの特性:地域愛着に着目して
    寺井弾・彦次佳・伊藤央二・西田光希・三世拓也・青木康真
    日本生涯スポーツ学会 第19回大会, 共同, 国内会議
  • Constraints and constraint negotiation when participating in domestic and international masters games
    Ito, E., & Hikoji, K.
    The 6th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport, 共同, 国際会議
  • Does sports club membership make our lives worthier through social capital?
    Kono, S., Ito, E., & Gui, J.
    The 6th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport, 共同, 国際会議
  • Need satisfaction of Kumano-Kodo walkers
    Fujimori, M., Yoshimura, M., Sakamoto, N., Nagano, A., & Ito, E.
    The 6th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport, 共同, 国際会議
  • Discrepancies between Japanese undergraduate students' ideal affect and actual affect in leisure/non-leisure and social contexts
    Ito, E., Walker, G. J., & Mannell, B.
    The 15th Canadian Congress on Leisure Research, 共同, 国際会議
  • Are leisure constraints models reflective or formative?
    Kono, S., Ito, E., & Walker, G. J.
    The 15th Canadian Congress on Leisure Research, 共同, 国際会議
  • Hong Kong Chinese workers' ideal affect and actual affect during leisure, and their correspondence: A follow-up to Mannell et al (2014)
    Gui, J., Walker, G. J., & Ito, E.
    The 15th Canadian Congress on Leisure Research, 共同, 国際会議
  • Balancing striving and enjoyment through leisure towards ikiagi or a life worth living: A structural equation modeling test of a grounded theory
    Kono, S., Walker, G. J., & Ito, E.
    The 15th Canadian Congress on Leisure Research, 共同, 国際会議
  • Understanding Japanese conceptualizations of volunteering
    Fairley, S., Yamaguchi, S., & Ito, E.
    The Sport Management Association of Australia and New Zealand Conference 2016, 共同, 国際会議
  • 日本,中国,カナダにおける余暇・レジャー活動の種目別参加頻度と幸福感に関する文化比較研究
    伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第18回大会, 単独, 国内会議
  • 北山村観光筏下り参加者における観光地の情報収集手段と参加動機に関する研究
    伊藤愛・佐竹真由・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第18回大会, 共同, 国内会議
  • 野外レクリエーション活動の関与度と地域愛着に関する研究:和歌山県東牟婁郡北山村の観光筏下りを対象として
    神野あきら・砂田悠花・八木悠太・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第18回大会, 共同, 国内会議
  • Tourism research in Japan: Wakayama University's Center for Tourism Research
    Ito, E.
    Travel and Tourism Research Association Canada Chapter Conference, 単独, 国際会議
  • Cultural commonalities in constraints to leisure-time physical activity between Japanese and Euro-Canadians
    Ito, E., Kono, S., & Walker, G. J.
    The 5th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport, 2016年, 共同, 国際会議
  • The intentions of volunteering at the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games and past volunteer experiences: The roles of different types of volunteer activities
    Jinno, A., Satake, M., Ito, M., Sunada, H., Yagi, Y., & Ito, E.
    The 5th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport, 2016年, 共同, 国際会議
  • Cultural similarities and differences in constraints to leisure-time physical activity between Japanese and Euro-Canadians
    Ito, E., Kono, S., & Walker, G. J.
    The 12th Biennial Australian and New Zealand Association for Leisure Studies Conference, 共同, 国際会議
  • 野外レクリエーションにおける阻害要因に関する研究:参加者と非参加者の類似・相違点に着目して
    伊藤央二・山口志郎・岡安功・Walker, G. J.
    日本生涯スポーツ学会 第17回大会, 共同, 国内会議
  • スポーツに関する学生支援の現状
    片山洋平・小笠原悦子・伊藤央二・伊藤真紀・新井彬子
    日本スポーツマネジメント学会第7回大会, 共同, 国内会議
  • 南アジアにおけるスポーツツーリズム:ネパール連邦民主共和国のインバウンドの事例研究
    岡安功・伊藤央二
    日本生涯スポーツ学会 第16回大会, 共同, 国内会議
  • 日本とカナダ間における青年の野外スポーツの参加動機と阻害要因の類似・相違点について
    伊藤央二・山口志郎・岡安功・北村薫
    日本体育学会第65回大会体育社会学専門分科会, 共同, 国内会議
  • Chinese-Canadian immigrants' leisure satisfaction and subjective well-being: A longitudinal study
    Walker, G. J., & Ito, E.
    The 14th Canadian Congress on Leisure Research, 共同, 国際会議
  • カナダ人,中国人,日本人の大学生の余暇・レジャー満足度に関する文化比較研究
    伊藤央二
    スポートロジーセンター・スポーツ健康医科学研究所 合同成果発表会, 単独, 国内会議
  • Ideal and actual affect deficiency during leisure and work
    Mannell, B., Ito, E., & Walker, G. J.
    2013 National Recreation and Park Association Leisure Research Symposium, 共同, 国際会議
  • Effects of culture and leisure participation on university students' control
    Ito, E., & Walker, G. J.
    2013 National Recreation and Park Association Leisure Research Symposium, 共同, 国際会議
  • Effects of willingness, constraints, and constraint negotiation on casino gambling
    Walker, G. J., & Ito, E.
    2012 National Recreation and Park Association Leisure Research Symposium, 共同, 国際会議
  • Review of non-Western, cross-national, and cross-cultural leisure research
    Ito, E., Liang, H., & Walker, G. J.
    2012 National Recreation and Park Association Leisure Research Symposium, 共同, 国際会議
  • Inbound leisure and sport tourists to Japan
    Okayasu, I., Watanabe, Y., Ito, E., & Nogawa, H.
    The Inaugural International Academy of Sportology, 共同, 国際会議
  • グローバル化時代における社会同化とスポーツ参与
    伊藤央二・野川春夫
    日本スポーツ社会学会第17回大会, 2008年, 共同, 国内会議
  • Roles and functions of a martial arts school for Japanese Brazilians in Japan: Assimilation process of Japanese Brazilians migrants
    Ito, E., & Nogawa, H.
    The 2007 Conference of the North American Society for the Sociology of Sport, 共同, 国際会議
  • グローバル化時代におけるスポーツと社会同化:日系ブラジル人対象の柔道教室
    伊藤央二・野川春夫
    日本生涯スポーツ学会 第9回大会, 共同, 国内会議
  • グローバル化時代におけるスポーツと社会同化
    伊藤央二・野川春夫
    日本体育学会第58回大会体育社会学専門分科会, 共同, 国内会議
  • Another Americanization: From yakyuu fans to baseball fans
    Ito, E., & Nogawa, H.
    The 2006 Conference of the North American Society for the Sociology of Sport, 共同, 国際会議
  • 観戦エリア別における充足欲求と座席選択要因の相違について:千葉ロッテマリーンズに着目して
    伊藤央二・野川春夫
    日本生涯スポーツ学会 第8回大会, 共同, 国内会議
  • 団塊世代における社会的支援者とライフデザインの関係:古河市マスターズサッカー大会参加者に着目して
    伊藤央二・宮崎朋子・野川春夫
    日本体育学会第57回大会体育社会学専門分科会, 共同, 国内会議

その他研究情報

受賞

  • 薮谷諒真, 学生, 和歌山大学観光学部, 卒業論文優秀賞, eスポーツプレイヤーのレクリエーション専門志向化とレジリエンスに関する研究, その他の賞
  • 森亮貴, 学生, 和歌山大学観光学部, 卒業論文優秀賞, 日本的スポーツ価値志向間における柔道選手の動機づけに関する研究:自己決定理論を用いて, その他の賞
  • 児嶋恵伍, 学生, 和歌山大学大学院観光学研究科, 修士論文最優秀賞, マスターズスポーツ大会参加者の大会参加へののめり込み度と相互協調的幸福感の関連性について:レジャー参加パターン間における比較検証, その他の賞
  • 永野杏奈, 学生, 和歌山大学観光学部, 卒業論文最優秀賞, 弓道選手の心理的スキルに関する研究:日本的スポーツ価値志向に着目して, その他の賞
  • 長野慎一, 学生, 和歌山大学大学院観光学研究科, 修士論文最優秀賞, 熊野古道を歩くツーリストの感情の変化についての研究, その他の賞
  • 八木悠太, 学生, 和歌山大学観光学部, 卒業論文優秀賞, サイクルスポーツイベント参加者の大会満足度と再参加意欲に関する研究, その他の賞
  • 伊藤央二, 単独, 和歌山大学観光学部, 教員表彰, その他の賞
  • Maryam Sabrina Binti Izihan, Hiyori Ishimaru, Ryosuke Kawamura, Satsuki Enomoto, Yoko Yamamoto and Yuri Matsuda, 学生, Joint Student Symposium on Tourism, Hospitality and Leisure Research, Undergraduate Student Presentation Award (Group Presentation), 国際学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 川村亮輔, 松田優里, 石丸日和, 榎本皐, マリアムサブリナ, 山本陽子, 学生, 和歌山県データ利活用推進センター, 大賞(大学生部門), 漕いで!学んで!わかまつ輪!~サイクリングツーリズム×和歌祭で和歌山市を活性化~, 和歌山大学観光学部伊藤ゼミ, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 川村亮輔, 松田優里, 石丸日和, 榎本皐, マリアムサブリナ, 伊藤央二, 学生, 日本生涯スポーツ学会, 学部生ポスター発表セッション 最優秀賞, 野外活動を行う大学生のストレスに関する研究:運動系と文科系の相違および課外活動自粛中と自粛明けの相違に着目して, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 荒木 拓海, 竹本 朱理亜, 寺尾 佳苗, 深津 那菜, 薮谷 諒真, 学生, ワールドマスターズゲームズ2021関西, インターカレッジ・コンペティション2019 最優秀賞・スポーツ庁長官賞, WMGベジタリアンプロジェクト, 和歌山大学観光学部伊藤ゼミ竹本チーム, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 荒木 拓海, 竹本 朱理亜, 寺尾 佳苗, 深津 那菜, 薮谷 諒真, 山本 陽子, 伊藤 央二, 学生, 日本生涯スポーツ学会, 学部生ポスター発表セッション 優秀賞, 少年サッカーにおけるスポーツペアレンティングと選手の有能感に関する研究, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 森脇 瑠香, 伊藤 央二, 学生, 日本生涯スポーツ学会, 学部生ポスター発表セッション 最優秀賞, 男子との野球経験の有無による女子硬式野球選手の自己効力感と集団効力感の類似・相違点について, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 胡 戎, 伊藤 央二, 学生, 日本生涯スポーツ学会, 大学院生ポスター発表セッション 最優秀賞, 訪日中国人スキーツアー観光客における感情評価理論の援用:理想感情と実際感情の比較に関する研究, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 森 亮貴, 森脇 瑠香, 原田 一平, 宮下 凌, 涌井 拓磨, 学生, 神戸商工会議所, スポーツ産業コンペティション2018 優秀賞, スクラムが生み出す神戸観光への新たな視点:「神戸」×「自然」×「スポーツ」の融合, 和歌山大学観光学部伊藤ゼミ, 出版社・新聞社・財団等の賞
  • 森 亮貴, 森脇 瑠香, 原田 一平, 宮下 凌, 涌井 拓磨, 伊藤 央二, 学生, 日本生涯スポーツ学会, 学部生ポスター発表セッション 優秀賞, ヨガ実施者の健康感に関する研究, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 坂本 直斗, 伊藤 央二, 学生, 日本生涯スポーツ学会, 学部生ポスター発表セッション 優秀賞, 大学生の運動部活動の異競技選択要因と非継続要因に関する研究, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 永野 杏奈, 伊藤 央二, 学生, 日本生涯スポーツ学会, 学部生ポスター発表セッション 最優秀賞, 弓道選手の心理的スキルに関する研究, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 吉村 実佳, 山口 志郎, 伊藤 央二, 学生, The 7th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport, 2018 Best Student Paper Award, How does sport sponsorship contribute to purchase intention?, 国際学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 吉村 実佳, 藤森 美月, 永野 杏奈, 坂本 直斗, 長野 慎一, 学生, ワールドマスターズゲームズ2021関西 インターカレッジ・コンペティション2017, 最優秀賞・スポーツ庁長官賞, 高校生観光案内プロジェクト:レガシー創出に向けた挑戦, 和歌山大学観光学部伊藤ゼミ吉村チーム
  • 伊藤央二, 単独, 日本生涯スポーツ学会, 若手研究発表賞, レジャー活動中の感情における即時報告と回顧報告の比較, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 長野 慎一, 伊藤 央二, 学生, The 6th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport, 2017 Best Graduate Student Paper Award, Influences of Walking on Kumano-Kodo on Affective Experience, 国際学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 神野 あきら, 佐竹 真由, 伊藤 愛, 砂田 悠花, 八木 悠太, 伊藤 央二, 学生, The 5th Asian Forum for the Next Generation of the Social Sciences of Sport 2016, Best Student Paper Award, The intentions of volunteering at the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games and past volunteer experiences: The roles of different types of volunteer activities, 国際学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 伊藤央二, 単独, 日本体育学会第65回大会, 若手研究発表賞 大会委員長賞, 日本とカナダ間における青年の野外スポーツの参加動機と阻害要因の類似・相違点について, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
  • 伊藤央二, 単独, アルバータ大学, F.S. Chia PhD Recruitment Scholarship, カナダ

外部資金

  • 日本学術振興会
    科学研究費
    公的研究費, 代表, 若手 独立基盤形成支援(試行), 世界遺産の参詣道「熊野古道」を歩くことで得られる意味深い心理的経験の実証研究, 2019
  • 公益財団笹川スポーツ財団
    公益財団笹川スポーツ財団研究助成
    共同研究費, 代表, ⽇常⽣活におけるスポーツ参加が⽣きがいと幸福感に与える影響の精査:⻘年後期を対象としたスマートフォンによる経験抽出法, 2018
  • 公益財団笹川スポーツ財団
    公益財団笹川スポーツ財団研究助成
    共同研究費, 代表, 地域スポーツクラブにおけるスポーツ活動が社会的要因を通じて生きがいに与える影響の日加比較研究:スポーツによる生きがい溢れるまちづくりを目指して, 2017
  • 日本学術振興会
    科学研究費
    公的研究費, 代表, 若手B, 国内外のマスターズスポーツ大会参加者のスポーツツーリスト行動に関する実証研究, 2016
  • 公益財団笹川スポーツ財団
    公益財団笹川スポーツ財団研究助成
    共同研究費, 代表, スポーツ活動が日本人青年後期の生きがいに及ぼす影響についての理論化研究:構造方程式モデリングによるグラウンデッド・セオリーのさらなる検証, 2016
  • 公益財団笹川スポーツ財団
    公益財団笹川スポーツ財団研究助成
    共同研究費, 分担, 日本におけるスポーツボランティアの概念化に関する質的研究:スポーツボランティア文化の構築に向けて, 2016
  • 公益財団笹川スポーツ財団
    公益財団笹川スポーツ財団研究助成
    共同研究費, 代表, ネパール連邦民主共和国のスポーツツーリズムに関する資格制度とその制度が地域雇用に及ぼす影響について, 2015
  • 日本学術振興会
    科学研究費
    公的研究費, 代表, 研究活動スタート支援, 身体活動の阻害要因とその折衝方法が心理的健康に及ぼす影響に関する日加文化比較研究, 2014
  • 公益財団笹川スポーツ財団
    公益財団笹川スポーツ財団研究助成
    共同研究費, 分担, 青年後期の野外スポーツへの参加と自然環境への配慮行動に関する研究:日本とカナダの文化比較, 2013
  • 公益財団笹川スポーツ財団
    公益財団笹川スポーツ財団研究助成
    共同研究費, 分担, 青年後期におけるスポーツ活動の実態および心理的影響に関する研究:スポーツ振興における日本とカナダの文化比較, 2012

内外研究・留学実績

内外研究・留学実績

内外研究・留学実績

  • 200805, 201403, カナダ, アルバータ大学


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.