研究者総覧

梅村 義久
スポーツ科学部
教授
Last Updated :2021/06/21

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    梅村 義久
  • 氏名(カナ)

    (ウメムラ ヨシヒサ)

所属

所属(マスタ)

  • スポーツ科学部, 教授
  • スポーツ健康科学科, 教授
  • 体育研究所, 研究員

学歴等

学位

  • 博士, 保健学, 1989年12月, 東京大学

その他基本情報

所属学協会

  • 日本体力医学会、日本体育学会、日本運動生理学会、日本骨代謝学会、日本学校保健学会

研究活動情報

研究分野等

研究キーワード

  • 骨代謝
  • ジャンプ運動

著書・発表論文等

論文

  • 論文
    Tennis singles match play induces inspiratory muscle fatigue in female tennis players
    Osakabe J, Ohya T, Koizumi J, Inada R, Matsumoto T, Umemura Y
    Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 10, 1, 33, 37, 2021年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    アイススラリー摂取時の環境温度の違いが体温と主観的温度感覚に及ぼす影響
    刑部純平, 松本孝朗, 梅村義久
    日本生気象学会雑誌, 日本生気象学会, 57, 1, 25, 31, 2020年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    Jump Exercise and Food Restriction on Bone Parameters in Young Female Rats
    Aikawa Y, Wakasugi Y, Narukawa T, Yamashita T, Sasai N, Umemura Y, Omi N, Ohtsuki M.
    Calcified Tissue International, 8, 2, 557, 566, 2019年, 査読有, 共著(共編著)
  • 調査報告
    中京大学スポーツ科学部学生の筋力およびパワーの変遷
    梅村義久、刑部純平、原田健次、水野貴正、加藤貴英
    中京大学体育研究所紀要, 中京大学体育研究所, 33, 93, 96, 2019年, 査読無, 共著(共編著)
  • 論文
    Ice slurry ingestion as a cooling strategy in the heat
    Osakabe J, Matsumoto T, Umemura Y
    Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 日本体力医学会, 8, 2, 73, 78, 2019年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    下肢筋力発揮特性および筋の形状がジャンプ高に及ぼす影響—バレーボール選手と水泳選手の比較検討
    吉村真美、梅村義久
    トレーニング科学, 日本トレーニング科学会, 30, 1, 55, 64, 2018年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    リン過剰摂取においてジャンプトレーニングが骨強度と骨代謝に及ぼす影響
    梅村義久、本田亜紀子、王国棟、十河直太
    中京大学体育研究所紀要, 29, 32, 2017年, 査読無, 共著(共編著)
  • 論文
    ジャンプ運動が骨におよぼす影響
    梅村義久
    Clinical Calcium, 27, 1, 67, 72, 2017年, 査読無, 有り, 単著(単編著)
  • 論文
    Dynamic Stretching does not Change the Stiffness of the Muscle-Tendon Unit.
    International Journal of Sports Medicine, 2016年
  • 論文
    Effect of jump training on bone and calcium and phosphorus metabolism in rats fed a phosphorus enriched diet.
    Journal of Exercise Physiology online, 2016年
  • 論文
    Comparison of Factors Related to Jump Performance in Volleyball Players and Swimmers.
    Journal of Exercise Physiology online, 2016年
  • 論文
    Optimal exercise protocol for osteogenic response
    Umemura Y
    J Phys Fitness Sports Med, 日本体力医学会, 5, 1, 7, 12, 2016年, 査読有, 有り, 共著(共編著)
  • 論文
    Local architecture of the vastus intermedius is a better predictor of knee extension force than that of the other quadriceps femoris muscle heads
    Clin Physiol Funct Imaging, 2015年
  • 論文
    Past sporting activity during growth induces greater bone mineral content and enhances bone geometry in young men and women
    Journal of Bone and Mineral Metabolism, 2015年
  • 論文
    発育期雄ラットにおけるジャンプトレーニングと高リン食摂取が骨に及ぼす影響
    体力科学, 2015年
  • 論文
    Exercise characteristics influence femoral cross-sectional geometry: a magnetic resonance imaging study in elite female athletes.
    Osteoporos Int., 2015年
  • 論文
    Stretching-induced deficit of maximal isometric torque is restored within 10 minutes.
    J Strength Cond Res, 2014年
  • 論文
    Decrements in Stiffness are Restored within 10 min.
    International Journal of Sports Medicine, 2013年
  • 論文
    人工炭酸泉への入浴時間の違いが関節可動域に与える影響
    日本生気象学会誌, 2013年
  • 論文
    Viscoelasticity of the muscle-tendon unit is returned more rapidly than range of motion after stretching.
    Scand J Med Sci Sports, 2013年
  • 論文
    Non-uniform decay in jumping exercise-induced bone gains following 12 and 24 weeks of cessation of exercise in rats.
    Journal of Physiological Sciences, 2011年
  • 論文
    Childhood Sports Activity Induces Bone Strength in Young Premenopausal Women
    School Health, 2011年
  • 論文
    A few separated jump training sessions three times per week increase bone Strength in rats
    Advances in Exercise and Sports Physiology, 2011年
  • 論文
    人工炭酸泉浴が関節可動域と筋の弾性に与える影響
    日本生気象学会誌, 2011年
  • 論文
    Adolescent exercise associated with long-term superior measures of bone geometry: A cross-sectional DXA and MRI study
    British Journal of Sports Medicine, 2009年
  • 論文
    Bones benefits gained by jump-training are preserved after detraining in young and adult rats
    Osteoporosis International, 2009年
  • 論文
    ”Bones benefits gained by jump-training are preserved after detraining in young and adult rats”
    Journal of Applied Physiology 105(3), 2008年
  • 論文
    ”High-impact exercise frequency per week or day for osteogenic response in rats”
    Journal of Bone and Mineral Metabolism 26(5), 2008年
  • 論文
    ”Effects of low-repetition jump exercise on osteogenic response in rats”
    Journal of Bone and Mineral Metabolism 26(3), 2008年
  • 論文
    ”Effects of jump training on bone are preserved after detraining regardless of estrogen secretion state in rats”
    Journal of Applied Physiology 104(4), 2008年
  • 論文
    「ハイインパクトトレーニングの頻度および強度がラットの骨量・骨強度に及ぼす影響」
    体力科学 56(2), 2007年
  • 論文
    「我が国のフラットウォータカヤック選手の体力特性」
    Journal of Training Science for Exercise and Sport 18, 2006年
  • 論文
    「骨密度測定とトレーニングによる骨の適応」
    Journal of Training Science for Exercise and Sport 18, 2006年
  • 論文
    “Effect of low-repetition jump training on bone mineral density in young women”
    Journal of Applied Physiology 100(3), 2006年
  • 論文
    “Varying interval between loading within 24 hours did not influence on the osteogenic response to jump exercise in rats”
    Advances in Exercise and Sports Physiology 11(3), 2005年
  • 論文
    “Full suspension mountain bike improbes off-road cycling performance”
    Journal of Sports Medicine and Physical Fitness 44(4), 2004年
  • 論文
    “High-impact exercise strengthens bone in osteopenic ovariectomized rats with the same outcome as Sham rats”
    Journal of Applied Physiology 95(3), 2003年
  • 論文
    “Influences of mountain bike suspension systems on energy supply and performance”
    Japanese Journal of Biomechanics in Sports & Exercise 7(1), 2003年
  • 論文
    「低頻度のジャンプトレーニングが卵巣摘出ラットの骨量・骨強度に及ぼす影響」
    体力科学 52, 2003年
  • 論文
    “A time course of bone response to jump exercise in C57BL/6J mice”
    Journal of Bone and Mineral Metabolism 20(4), 2002年
  • 論文
    “Bone hypertropy in rats: effects of jump number and height”
    Advances in Exercise and Sports Physiology 8(4), 2002年
  • 論文
    “Effects of intervals between jumps or bouts on osteogenic response to loading”
    Journal of Applied Physiology 93(4), 2002年
  • 論文
    “Maintenance of bone mass and mechanical properties after short-term cessation of high impact exercise in rats”
    International Journal of Sports Medicine 23(2), 2002年
  • 論文
    “Effect of high-impact and low-repetition training on bones in ovariectomized rats”
    Journal of Bone and Mineral Reseach 16(9), 2001年
  • 論文
    Exercise and mechanical loading increase periosteal bone formation and whole bone strength.
    Calcified Tissue International 66, 2000年
  • 論文
    Changes in serum haptoglobin concentration by treadmill-running and ergometer-cycling
    Advance in Exercise and Sports Physiology 6, 2000年
  • 論文
    「バレーボール選手の脱トレーニングに伴う骨密度の変化」
    Health Science, 15, 1999年
  • 論文
    「9人制バレーボール選手のポジション別骨密度」
    Health Sciences 15, 1999年
  • 論文
    「激運動による血漿乳酸濃度の上昇が血管内溶血に及ぼす影響」
    体力科学 46, 1997年
  • 論文
    “Five jumps per day increase bone mass and breaking force in rats”
    Journal of Bone and Mineral Reserch 12(9), 1997年
  • 論文
    「ジャンプトレーニングがラットの骨形態・強度に及ぼす影響」
    体力科学 45, 1996年
  • 論文
    “Effects of jump training on bone hypertrophy in young and old rats”
    International Journal of Sports Medicine 16(6), 1995年
  • 論文
    “Effects of voluntary exercise on bone growth and calcium metabolism in spontaneously hypertension rats”
    International Journal of Sports Medicine 13(6), 1992年

書籍等出版物

  • Exercise in Childhood for a Life-Long Bone Health, Sport Science and Studies in Asia
    著書, World Scientific, 2010年
  • Exercise in Childhood for a Life-Long Bone Health, Sport Science and Studies in Asia
    著書, World Scientific, 2010年
  • 「骨量および骨強度」、『身体トレーニング 運動生理学からみた身体機能の維持・向上』
    編著書, 真興交易医書出版部, 2009年
  • 「高齢者の運動の効果(骨密度)」, 『高齢社会における運動支援実践ガイド』
    著書, 文光堂, 2005年
  • 『運動生理・生化学辞典』
    著書, 大修館書店, 2001年
  • 『体力づくりのためのスポーツ科学』
    著書, 朝倉書店, 2001年

講演・口頭発表等

  • Effect of jump exercise on bone in young female rats under food restriction
    Aikawa Y, Wakasugi Y, Narukawa T, Yamashita T, Yamada N, Umemura Y, Ohtsuki M, Omi N
    ARIHHPフォーラム, 2019年, 共同, 国内会議, 筑波大学体育系ヒューマン・ハイ・ パフォーマンス先端研究センター, 筑波
  • 暑熱環境下における持久的運動時のアイススラリー摂取が体温および認知機能に及ぼす影響
    刑部純平、松本孝朗、梅村義久
    NSCA S&Cカンファレンス2018, 2019年, 共同, 国内会議, NSCA, 東京
  • 下肢の筋発揮特性および筋の形状がジャンプ高に及ぼす影響―バレーボール選手と水泳選手の比較―
    吉村真美、梅村義久
    第69回日本体育学会, 2018年, 共同, 査読無, 無し, 国内会議, 日本体育学会, 徳島

その他著作物

  • その他
    スポーツアカデミズム
    学士会会報, 2011/7

その他研究情報

外部資金

  • 日本学術振興会
    公的研究費, 分担, 運動様式の違いが若年期アスリートのスクレロスチン分泌に及ぼす影響, 2020, 2020, 2022
  • 日本学術振興会
    公的研究費, 代表, 科学研究費(基盤研究(C)), 運動および脱荷重が骨から分泌される多臓器連関制御物質に及ぼす影響, 2020, 2018, 2021
  • 日本学術振興会
    公的研究費, 代表, 科学研究費(基盤研究(C)), 運動および脱荷重が骨から分泌される多臓器連関制御物質に及ぼす影響, 2019, 2018, 2021
  • 日本学術振興会
    科学研究費(基盤研究(C))
    公的研究費, 代表, 運動および脱荷重が骨から分泌される多臓器連関制御物質に及ぼす影響, 2018
  • 日本学術振興会
    科学研究費(基盤研究(C))
    リン摂取過剰において運動が骨代謝およびリン・カルシウム代謝に及ぼす影響, 2014
  • 日本学術振興会
    科学研究費(基盤研究(C))
    メカニカルストレスが骨から分泌されるホルモンに及ぼす影響, 2011
  • 文部科学省
    科学研究費(基盤研究(C))
    「メカニカルストレスが脳卒中易発症高血圧自然発症ラットの骨代謝と寿命に及ぼす影響」, 2005
  • 中京大学
    中京大学特定研究助成
    「 メカニカルストレスが脳卒中易発性自然発症高血圧ラット(SHRSP)の骨量・強度に及ぼす影響」, 2002
  • 文部科学省
    科学研究費(基盤研究(C))
    インパクトローディングが卵巣摘出ラットの骨量・骨強度に及ぼす影響, 1999
  • 文部科学省
    科学研究費補助金(奨励研究)
    骨強度を高めるトレーニング様式(荷重の連続性)に関する研究, 1996

教育活動情報

授業等

担当経験のある科目

  • 運動・スポーツ生理学Ⅰ、 運動生理学演習, スポーツ生理学研究A, 運動・スポーツ生理学演習(テキスト)

社会貢献活動情報

社会貢献活動

社会貢献活動

  • 自転車競技(マウンテンバイク)地域パスウェイ愛知県評価委員会委員
  • 2020年東京オリンピック・パラリンピックあいち選手強化授業におけるジュニア強化指定選手育成事業に関する業務
  • 日本体力医学会東海地方会理事


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.