研究者総覧

光山 浩人
スポーツ科学部
教授
Last Updated :2021/06/21

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    光山 浩人
  • 氏名(カナ)

    (ミツヤマ ヒロヒト)

所属

所属(マスタ)

  • スポーツ科学部, 教授
  • トレーナー学科, 教授

学歴等

学歴

  • 信州大学, 医学部医学科

学位

  • 博士, 医学(機能構築医学), 2004年03月, 名古屋大学

研究活動情報

著書・発表論文等

論文

  • 論文
    前十字靭帯再建術後の膝関節伸展筋群における筋力発揮ー半月板縫合術合併例と前十字靭帯再建術単独例による検討ー
    丹羽雄大・光山浩人
    日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会雑誌, 655, 660, 2019年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    名古屋グランパスチーフチームドクターの経験〜手術治療を要したプロサッカー選手の傷害〜
    光山浩人
    中京大学体育研究所紀要, 第33巻, 113, 119, 2019年, 査読無, 単著(単編著)
  • 論文
    前十字靭帯再建術後の膝関節伸筋群における最大トルクと筋力発揮速度の関係について
    丹羽雄大、松本優、松本裕司、近藤秀哉、仲宿伸哉、光山浩人
    東海スポーツ傷害研究会会誌, Vol.36, 15, 17, 2018年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    前十字靭帯再建術後の筋力発揮速度について ースポーツレベルごとの検討ー
    丹羽雄大、光山浩人
    日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会雑誌, 130, 131, 2018年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    Surface markers and gene expression to characterize the differentiation of monolayer expanded human articular chondrocytes
    Nagoya Journal of Medical Science, 2013年, 軟骨再生医療における移植軟骨細胞の脱分化に関する研究
  • 論文
    Inflammatory effect of advanced glycation end products on human meniscal cells from osteoarthritic knees
    Inflammation Research, 2011年
  • 論文
    Calcification of human articular knee cartilage is primarily an effect of aging rather than osteoarthritis
    Osteoarthritis and Caltilage, 2007年
  • 論文
    Transplantation of marrow-derived mesenchymal stem cells and platelet-rich plasma during distraction osteogenesis—a preliminary result of three cases
    Bone, 2004年
  • 論文
    Inhibitory effects of cyclosporin A on calcium mobilization-dependent interleukin-8 expression and invasive potential of human glioblastoma U251MG cells
    Oncogene, 2004年
  • 論文
    Calcium Signaling Pathway Involving Calcineurin Regulation Interleukin-8 Gene Expression Through Activation of NF-Bin Human Osteoblast-Like Cells
    Journal of Bone and Mineral Research, 2004年
  • 論文
    Cyclosporin A Enhances Interleukin-8 Expression by Inducing Activator Protein-1 in Human Aortic Smooth Muscle Cells
    Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology, 2003年
  • 論文
    Analysis of Interleukin-8 Gene Promoter function in Human Osteoblast-like Cells: Regulation by Ca2+-signaling and Cyclosporin A
    Environmental Medicine, 2002年
  • 論文
    Activation of Calcineurin Upregulates the Interleukin-8 Gene Expression in Human Osteoblast-like Cells
    Environmental Medicine, 2001年
  • 論文
    Tumor necrosis factor alpha induces expression of genes for matrix degradation in human chondrocyte-like HCS-2/8 cells through activation of NF-kappaB.
    Journal of Bone and Mineral Research, 2001年

講演・口頭発表等

  • 男子棒高跳選手における腰椎分離症および腰椎椎間板変性の有病率
    榎将太, 倉持梨恵子, 中宿伸哉, 光山浩人
    第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 共同, 国内会議, 横浜
  • 前十字靭帯再建術後のIKDCに影響する筋機能についての検討
    丹羽雄大, 篠田光俊, 中宿伸哉, 光山浩人
    第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会, 共同, 国内会議, 横浜
  • 前十字靭帯再建術後の膝関節屈筋群における筋力発揮について-スポーツレベル別の検討-
    丹羽雄大、篠田光俊、仲宿伸哉、光山浩人
    第41回東海スポーツ傷害研究会, 共同, 国内会議, 名古屋
  • 高校生、大学生空手道部員における傷害既往歴の実態調査
    中野立帆、光山浩人
    第29回日本臨床スポーツ医学会学術総会, 共同, 国内会議, 札幌
  • 前十字靭帯再建術後の膝関節伸展筋群における筋力発揮について-スポーツレベル別の性差の検討-
    丹羽雄大、宮ノ脇翔、篠田光俊、中宿伸哉、光山浩人
    第29回日本臨床スポーツ医学会学術総会, 共同, 国内会議, 札幌
  • 前十字靭帯再建術後の膝関節伸筋群における筋力発揮速度の関係について-半月板縫合の有無による検討-
    丹羽雄大、松本裕司、仲宿伸哉、光山浩人
    第10回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会, 共同, 国内会議, 福岡
  • 前十字靭帯再建術後の膝伸筋群における最大トルクと筋力発揮速度の関係について
    丹羽雄大、松本優、松本裕司、近藤秀哉、中宿伸哉、光山浩人
    第40回東海スポーツ傷害研究会, 共同, 国内会議
  • 体幹の解剖と機能
    光山浩人
    第4回愛知サッカー医科学フォーラム, 単独, 国内会議
  • 前十字靭帯再建術後の筋発揮速度について ースポーツレベルごとの検討ー
    丹羽雄大、林優、松本裕司、近藤秀哉、中宿伸哉、光山浩人
    第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会, 共同, 国内会議
  • 膝のスポーツ傷害 プロサッカー選手の治療と術後リハビリ
    2012年, 第2回八事整形スポーツメディスン研究会, 名古屋
  • 肩甲骨関節窩の高度骨欠損にたいして鏡視下腸骨ブロック移植術を施行した1例
    2011年, 第17回東海関節鏡研究会, 名古屋
  • Identification of changes in surface marker and gene expression to characterize de-differentiation of monolayer expanded human articular chondrocytes
    2010年, 第23回日本軟骨代謝学会, 鹿児島
  • 右大腿骨外顆離断性骨軟骨炎に自家培養軟骨細胞移植術を施行した1例
    2010年, 第16回 東海関節鏡研究会, 名古屋
  • Floating AIGHLに対して鏡視下手術を施行した1例
    2010年, 第16回 東海関節鏡研究会, 名古屋
  • 膝前十字靭帯再建術における前内側ポータルからの大腿骨骨孔作製に関する屍体研究 〜ガイドピン刺入による腓骨神経損傷の可能性について〜
    2010年, 第16回 東海関節鏡研究会, 名古屋
  • ヒト軟骨細胞の脱分化における表面マーカー発現変化の検討
    2009年, 第24回 日本整形外科学会基礎学術集会, 横浜
  • ヒト軟骨細胞の脱分化における表面マーカーの発現変化の検討
    2009年, 第22回日本軟骨代謝学会, 名古屋
  • 変形性膝関節症の半月板細胞に対する後期糖化反応生成物(AGEs)の影響
    2009年, 第22回日本軟骨代謝学会, 名古屋
  • 再固定術が無効と考えられた離断性骨軟骨炎に自家培養軟骨細胞移植術を行った2例
    2009年, 第15回東海関節鏡研究会, 名古屋
  • 外傷性膝変形性関節症に対し bone marrow stimulating therapy 後にHTOを行った1例
    2009年, 第15回東海関節鏡研究会, 名古屋
  • 腱板広範囲断裂に対して鏡視下パッチ法を施行した1例
    2009年, 第15回東海関節鏡研究会, 名古屋
  • ヒト軟骨細胞の脱分化における表面マーカー発現変化の検討
    2008年, 第23回日本整形外科学会基礎学術集会, 京都
  • 変形性膝関節症の半月板細胞に対する後期糖化反応生成物(AGEs)の影響
    2008年, 第23回日本整形外科学会基礎学術集会, 京都
  • ヒト膝関節軟骨の加齢と部位による関節症進行度の検討
    2008年, 日本関節症研究会, 米子
  • 住民検診における骨量低下の疫学的検討
    2008年, 第81回日本整形外科学会学術総会, 札幌
  • 変形性膝関節症の半月板細胞に対する後期糖化反応生成物(AGEs)の影響
    2008年, 第21回日本軟骨代謝学会, 京都
  • 自家多血小板血漿(PRP)ゲルを用いた自家培養軟骨細胞移植術(ACI)による関節軟骨再生と移植片過形成の成因の検討
    2008年, 第7回日本再生医療学会総会, 名古屋
  • 広範囲ステロイド性膝骨壊死に対し自家骨・同種骨を用いbone impaction graftingを行った一例
    2008年, 第14回東海関節鏡研究会, 名古屋
  • 自己多血小板血漿ゲルの関節軟骨再生における有用性
    2007年, 第2回骨軟部吸収材料フォーラム, 名古屋
  • ヒト膝関節軟骨石灰化の検討—加齢と関節症進行度による解析
    2006年, 第21回日本整形外科学会基礎学術集会, 長崎
  • CD54/CD44 indicate possibility to discriminate between differentiated and dedifferentiated monolayer expanded human articular chondrocytes
    2010年, 56 Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, USA, New Orleans
  • The effect of advanced glycation end products in human meniscus cells from osteoarthritis of knee
    2009年, 55 Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, USA, Las Vegas
  • Identification of changes in surface marker and gene expression to characterize de-differentiation of monolayer expanded human articular chondrocytes
    2009年, 55 Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, USA, Las Vegas
  • Interrelationships Between Human Articular Caltilage Thickness, Chondrocalcification and The Subchondral Plate
    2007年, 53rd Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, USA, San Diego
  • CHARACTERIZATION OF A SCAFFOLD COMPOSED OF PLATELET-RICH PLASMA FOR AUTOLOGOUS CHONDROCYTE IMPLANTATION
    2006年, 52nd Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, USA, Chicago
  • EVALUATION OF AUTO-FIBRIN GEL COMPOSED OF PLATELET-RICH PLASMA AS A SCAFFOLD OF AUTOLOGOUS CHONDROCYTE IMPLANTATION
    2006年, 6th Symposium of the International Cartilage Repair Society, USA, San Diego
  • CHARACTERIZATION OF CARTILAGE CALCIFICATION IN HUMAN KNEE JOINTS BY AGE AND OSTEOARTHRITIS GRADE
    2006年, 6th Symposium of the International Cartilage Repair Society, USA, San Diego
  • INFLUENCE OF PLATELET RICH PLASMA IN HUMAN CHONDROCYTE
    2005年, 10th, World Congress of the OsteoArthritis Research Society International, USA, Boston
  • CHARACTERIZATION OF ARTICULAR CALTILAGE CALCIFICATION IN OSTEOARTHRITIS AND AGING OF HUMAN KNEE JOINTS
    2005年, 51st Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, USA, Washington D.C.
  • Characterization of Articular Cartilage Calcification in Human Knees by Radiographic Imaging
    2004年, 9th, World Congress of the OsteoArthritis Research Society International, USA, Chicago
  • Repair of articular cartilage defects with cultured chondrocytes in fibrin gel from autoblood
    --- Investigation through the effect of PRP ---
    2004年, Japanese Society of Cartilage Metabolism, International Symposium, Japan, Tokyo
  • Use of Autoblood and its Components for Autologous Chondrocyte Transplantation
    2004年, International Cartilage Symposium, Japan, Hiroshima
  • 2006年, Symposiast, 6th Symposium of the International Cartilage Repair Society, USA/San Diego
  • 2004年, Symposiast, International Cartilage Symposium, Japan/Hiroshima

その他研究情報

その他

  • 2020年, 第6回愛知サッカー医科学フォーラム開催, サッカー選手の外傷・障害に対する現場の対応と予防、審判のゲームコントロールによる外傷・障害予防などの講演の他、「捻挫と肉ばなれをみんなで考える」パネルディスカッションを医師、アスレティックトレーナー、管理栄養士、監督、学生トレーナー・マネージャーの参加で行なった。
  • 第5回愛知サッカー医科学フォーラム開催, スポーツ活動(サッカー)にかかわる課題において、今回は「フィールドでの救急処置」というテーマを掲げ、研究者、医療従事者、スポーツ指導者のみならず学生、一般市民を対象にフォーラムを開催した。外傷、熱中症、脳しんとう、心停止(AED)について現場で活躍するエキスパートによる講演を行い、各テーマについて議論が交わされた。

内外研究・留学実績

内外研究・留学実績

内外研究・留学実績

  • 200404, 200609, United States of America, University California of San Diego, (Scrips institute)

社会貢献活動情報

社会貢献活動

社会貢献活動

  • 愛知サッカー協会医学委員会 副委員長
  • 第6回愛知サッカー医科学フォーラム開催
  • 平成30年度とよたシニアアカデミー専門講座 講師
  • 第5回愛知サッカー医科学フォーラム開催 
  • NHK名古屋放送局 ウィークエンド中部ウィチューダンス医学監修


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.