研究者総覧

大家 利之
スポーツ科学部
准教授
Last Updated :2021/06/21

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    大家 利之
  • 氏名(カナ)

    (オオヤ トシユキ)

所属

所属(マスタ)

  • スポーツ科学部, 准教授
  • トレーナー学科, 准教授
  • 体育研究所, 研究員

学歴等

学位

  • 修士, 体育学, 2009年03月, 中京大学大学院体育学研究科
  • 博士, 体育学, 2014年03月, 中京大学大学院体育学研究科

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 運動生理学 トレーニング科学 体力科学

研究キーワード

  • 高強度トレーニング、呼吸筋、体力測定

著書・発表論文等

論文

  • 論文
    一流競技者の受動的な筋スティフネス ~長期間の日常的なトレーニングが筋の硬さに及ぼす影響~
    千野謙太郎, 大家利之
    トレーニング科学, 195, 201, 2020年, 査読無, 有り, 共著(共編著)
  • 論文
    Tennis singles match play induces inspiratory muscle fatigue
    刑部純平,大家利之他4名
    J Phys Fitness Sports Med, 33, 37, 2021年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    呼吸筋力を向上させるトレーニングプログラムの確立-高強度負荷に着目して-
    安藤良介,大沼勇人,鈴木康弘,大家利之,草薙健太
    デサントスポーツ科学, 109, 116, 2020年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    呼吸抵抗が有酸素運動中のエネルギー消費量に及ぼす影響
    小泉潤,荒牧勇,大家利之
    中京大学論叢, 印刷中, 印刷中, 2020年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    Effect of inspiratory resistive training on diaphragm shear modulus and accessory inspiratory muscle activation
    Ando R,Ohya T,Kusanagi K,Koizumi J,Ohnuma H,Katayama K,Suzuki Y
    Appl Physiol Nutr Metab, in press, in press, 2020年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    Sprinting Ability as an Important Indicator of Performance in Elite Long-Distance Runners
    Yamanaka R.,Ohnuma H., Ando R., Tanji F., Ohya T., Hagiwara M., Suzuki Y
    Int J Sports Physiol Perform, 141, 145, 2020年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    Short-term hypoxic training improves maximal anaerobic power after a week of recovery
    Oriishi M., Hagiwara M., Yamanaka R., Ohya T., 他3名
    Gazzetta Medica Italiana, in press, in press, in press, 2018年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    Diaphragmatic shear modulus at various submaximal inspiratory mouth pressure levels
    Kentaro Chinoa,Toshiyuki Ohya,Keisho Katayama,Yasuhiro Suzuki
    Respiratory Physiology & Neurobiology, 52, 57, 2018年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    Muscle Thickness and Passive Muscle Stiffness in Elite Athletes: Implications of the Effect of Long-Term Daily Training on Skeletal Muscle
    Kentaro Chino,Toshiyuki Ohya,Emika Kato,Yasuhiro Suzuki
    Int J Sports Med, 218, 224, 2017年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    日本トップレベルの十種競技者における100m走レースの特徴~2009年から2015年のレースを対象として~
    大家利之 他
    陸上競技学会誌, 55, 63, 2017年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    The effects of sprint interval training on sail pumping performance in a male windsurfing Olympian
    萩原正大,大家利之,山中 亮,大沼勇人,鈴木康弘
    Sports Science in Elite Athlete Support, 31, 41, 2017年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    Maximal inspiratory mouth pressure in Japanese elite female athletes
    Respiratory Physiology & Neurobiology, 2017年
  • 論文
    Hyperoxia extends time to exhaustion during high-intensity intermittent exercise: a randomized, crossover study in male cyclists
    Sports Medicine - Open, 2016年
  • 論文
    Prolonged intermittent running induces inspiratory-muscle fatigue in female runners
    Journal of Sports Science, 2016年
  • 論文
    Anthropometric and physiological characteristics of junior Japanese elite male basketball players
    Japanese Journal of Elite Sports Support, 2016年
  • 論文
    Blunted blood pressure response during hyperpnoea in endurance runners
    Respiratory Physiology & Neurobiology, 2016年
  • 論文
    Maximal inspiratory mouth pressure in Japanese elite male athletes
    Respiratory Physiology & Neurobiology, 2016年
  • 論文
    The 400-and 800-m track running induces inspiratory muscle fatigue in trained female middle-distance runners
    Journal of strength and conditioning research, 2016年
  • 論文
    Inspiratory muscle warm-up has no impact on performance or locomotor muscle oxygenation during high-intensity intermittent sprint cycling exercise
    SpringerPlus, 2015年
  • 論文
    Anthropometric and physiological characteristics of Japanese elite women’s rugby sevens players
    Football Science, 2015年
  • 論文
    Physical fitness profile and differences between light, middle, and heavy weight-class groups of Japanese elite male wrestlers
    International Journal of Wrestling Science, 2015年
  • 論文
    Hypoxia exaggerates inspiratory accessory muscle deoxygenation during hyperpnoea
    Respiratory Physiology & Neurobiology, 2015年
  • 論文
    Physiological responses in alpine skiers during on-snow training simulation in the cold
    International Journal of Sports Medicine, 2014年
  • 論文
    間欠的短時間高強度運動におけるアクティブリカバリーとパッシブリカバリーがパフォーマンスと筋の酸素化に及ぼす影響
    体育学研究, 2013年
  • 論文
    Effect of duration of active or passive recovery on performance and muscle oxygenation during intermittent sprint cycling exercise
    International Journal of Sports Medicine, 2012年
  • 論文
    Characteristics of physical fitness for field-based team sports players in terms of energy supply during intermittent sprint exercise test
    Football Science, 2011年

講演・口頭発表等

  • サッカーの試合における吸息筋疲労
    2016年, 日本フットボール学会
  • 高濃度の酸素吸引が間欠的高強度運動パフォーマンスに及ぼす影響
    2016年, 日本体育学会
  • 吸息筋力は400mおよび800m走後に低下する~大学女子陸上中距離走選手を対象として~
    2015年, 日本体育学会
  • 吸息筋力は最大漸増負荷テスト後に低下する~大学女子陸上中距離走選手を対象として~
    2014年, 日本体育学会
  • サッカーのリフティング訓練による脳灰白質の局所的変化
    2013年, 日本体育学会
  • 間欠的短時間高強度運動におけるアクティブリカバリーの運動強度とピークパワー減少率との関係
    2012年, 日本フットボール学会
  • 間欠的短時間高強度運動中のリカバリー方法の違いがパフォーマンスに与える影響
    2012年, 日本体力医学会
  • Respiratory Muscle Endurance And Cardiovascular
    Response To Hyperpnoea After Respiratory Muscle
    Training In Hypoxia
    2017年, Annual meeting of ACSM
  • The 400- and 800-m track running induces inspiratory muscle fatigue in trained female middle-distance runners
    2016年, Annual meeting of ACSM
  • Effect of training under hyperoxia on exercise performance and aerobic capacity in trained cyclists
    2016年, Annual meeting of ACSM
  • Changes in aerobic and anaerobic capacity following either 7 days of overnight IHE or 7 days of IHT
    2016年, Annual meeting of ACSM
  • The Comparison of Two High Intensity Interval Training Regimes on Endurance Performance in Female Athletes
    2016年, Annual meeting of ACSM
  • Effect of inspiratory muscle warm-up on performance and muscle oxygenation during high-intensity intermittent sprint exercise
    2015年, Annual meeting of ACSM
  • Comparison of inspiratory muscle fatigue for two different types of maximal rowing test
    2015年, Annual meeting of ACSM

その他著作物

  • 調査報告
    2016 年国内外トップスプリンターの 200m における走パフォーマンス分析
    陸上競技研究紀要, 2017/3
  • 調査報告
    十種競技選手の 100m レース分析 ~ 2009 年から 2016 年まで~
    陸上競技研究紀要, 2017/3

その他研究情報

受賞

  • 2016年, 日本フットボール学会, 若手研究奨励賞
  • 2014年, 日本体育学会, 若手研究奨励賞
  • 2013年, 日本体育学会, 若手研究奨励賞

外部資金

  • 2018年4月
    共同研究費, 代表, フィルターマスクの装着が生理学的応答に及ぼす影響, 2018
  • 文部科学省
    科学研究費(若手研究(B))
    エリート競泳選手の泳パフォーマンス向上のための呼吸筋トレーニングに関する研究(研究代表者), 2017
  • 文部科学省
    科学研究費(若手研究(B))
    間欠的短時間高強度運動におけるリカバリー条件とパフォーマンスとの関係(研究代表者), 2014
  • 文部科学省
    科学研究費(挑戦的萌芽研究)
    低酸素環境を利用した呼吸筋トレーニングの開発と持久的パフォーマンスへの効果(研究分担者), 2014

教育活動情報

授業等

担当経験のある科目

  • コーチング演習(サッカー)
  • 体育実技指導法(サッカー)
  • スポーツ実技A(サッカー), 常に【試合】を意識させ、サッカーの試合で活かすことのできる技術や戦術を学生に習得させることを目指している。, 授業改善のためのアンケートの結果を受けて、実施する種目の授業配分を変えるなど、授業内において適時意見を取り入れている。

社会貢献活動情報

社会貢献活動

社会貢献活動

  • 全日本大学女子サッカー連盟 常務理事(2018年度~現在に至る)
  • 中京大学体育会サッカー部女子 監督(2017年~現在に至る)
  • 愛知県女子U-18トレセン コーチ(2017年~現在に至る)
  • 東海学生女子サッカー連盟 副委員長(2017年~2019年)
  • 日本フットボール学会 幹事(2017年~現在に至る)


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.