研究者総覧

ハルトノ ピトヨ ピーター
工学部
教授
Last Updated :2019/02/15

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    ハルトノ ピトヨ ピーター
  • 氏名(カナ)

    (ハルトノ ピトヨ)

基本情報

所属

所属(マスタ)

  • 工学部, 教授
  • 電気電子工学科, 教授
  • 工学研究科, 教授
  • 人工知能高等研究所, 研究員

学歴等

学位

  • 修士, 物理学及応用物理学, 1995年03月, 早稲田大学
  • 博士, 物理学及応用物理学, 2002年03月, 早稲田大学

研究活動情報

著書・発表論文等

論文

  • 論文
    A Transparent Cancer Classifier
    P. Hartono
    Health Informatics Journal, 1, 15, 2018年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    石川 晶子、小川賀代、ハルトノ ピトヨ、学習履歴データを活用した学習者特性抽出方法の検討
    教育システム情報学会, 2014年
  • 論文
    P. Hartono, R. Yoshitake, Automatic Playlist Generation from Self-Organizing Music Map
    Journal of Signal Processing, 2013年
  • 論文
    P. Hartono, A. Nakane, Robotics Modules with Real-time Adaptive Topology
    IJCISIM Vol. 3, pp. 185-192 (2011)., 2011年
  • 論文
    P. Hartono, A. Nakane, Adaptive Coupled Oscillators for Modular Robots
    電気学会論文誌C, Vol. 131, No. 3, pp. 602-603, 2011年
  • 論文
    P. Hartono, S. Kakita, Fast reinforcement learning for simple physical robots
    Memetic Computing, Vol. 1, No.4, pp. 305-313, 2009年
  • 論文
    P. Hartono, Ensemble of Linear Experts as an Interpretable Piecewise Linear Classifier
    ICIC Express Letters Vol. 2, No. 3, pp. 295-303., 2008年
  • 論文
    P. Hartono, S. Hashimot, Learning from Imperfect Data
    Applied Soft Computing Journal Vol.7, No. 1, pp. 353-363, 2007年
  • 論文
    P. Hartono, S. Hashimoto, Nonlinear Classification using Ensemble of Linear Perceptrons, Neural Information Processing-Letters and Reviews
    Neural Information Processing-Letters and Reviews, Vol. 10, No.2, pp.35-41, 2006年
  • 論文
    小堀 訓成、鈴木健嗣、ピトヨ ハルトノ、橋本 周司、尤度情報に基づく温度分布を用いた強化学習法
    人工知能学会論文誌 Vol. 20, No. 4 pp. 297-305, 2005年
  • 論文
    A. Sudou, P. Hartono, R. Saegusa, S. Hashimoto, Signal reconstruction from sampled data tainted by aliasing phenomena using neural network
    Journal of Signal Processing Vol.7, No.1, pp. 5-13, 2003年
  • 論文
    H. Qi, P. Hartono, K. Suzuki, S. Hashimoto, Sound database retrieved by sound
    Acoustical Science and Technology, Vol. 23, No. 6, pp. 293-300, 2002年
  • 論文
    P. Hartono, S. Hashimoto, Extracting the Principal Behavior of a Probabilistic Supervisor through Neural Network Ensemble
    Int. Journal of Neural Systems, Vol. 12, Nos. 3 & 4, pp. 291-301, 2002年
  • 論文
    P. Hartono, S. Hashimoto, Learning From Imperfect Supervisor Using Neural Network Ensemble
    情報処理学会論文誌, Vol. 42, No. 5, pp.1214 –1222, 2001年
  • 論文
    P. Hartono, Temperature Switching in Neural Network Ensemble
    Journal of Signal Processing, Vol. 4, No. 5, pp. 395-402, 2000年
  • 論文
    Intuitive Analysis by Visualizing Context Relevant E-learning Data
    P. Hartono, K. Ogawa,
    情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」, 3, 2, 20, 27, 2017年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    A Cross-cultural Comparison of Tonality Perception in Japanese, Chinese, Vietnamese, Indonesian, and American Listeners
    R. Matsunaga, T. Yasuda, M. Johnson-Motoyama, P. Hartono, K. Yokosawa, J. Abe
    Psychomusicology: Music, Mind and Brain, 28, 3, 178, 188, 2018年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    Learning-Regulated Context Relevant Topographical Map
    Pitoyo Hartono, Paul Hollensen, Thomas Trappenberg
    IEEE Trans. on Neural Networks and Learning Systems, 26, 10, 2323, 2335, 2015年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    Classification and dimensional reduction using restricted radial basis function networks
    P. Hartono,
    Neural Computing and Applications, 30, 3, 905, 915, 2018年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    Topographical representation adds robustness to supervised learning
    P. Hartono, T. Trappenberg
    Journal of Intelligent & Fuzzy Systems, 1, 14, 2018年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    Intuitive Analysis by Visualizing Context Relevant E-learning Data
    ハルトノ ピトヨ、小川 賀代
    情報処理学会論文誌:教育とコンピュータ, 3, 2, 20, 27, 2017年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    The acquisition process of musical tonal schema: Implications from connectionist modeling
    R. Matsunaga, P. Hartono, J. Abe
    Frontiers in Psychology 6:1348, 1, 13, 2015年, 査読有, 共著(共編著)

書籍等出版物

  • Peter Sincak, Pitoyo Hartono, Maria Vircikova, Jan Vascak, Rudolf Jaksa, Emergent Trends in Robotics and Intelligent Systems
    著書, Springer, 2014年
  • 電気電子工学の学び方
    編著書, オーム社, 2012年
  • Encyclopedia of the Sciences of Learning
    編著書, Springer, 2012年

講演・口頭発表等

  • Visualization of the learning state of a neural network-controlled robot
    Y. Shimamoto
    ロボティクス・メカトロニクス, 2018年, 共同, 査読無, 無し, 国内会議
  • A conscious AI based on recurrent neural network applying dynamic information equilibrium
    Y. Kinouchi
    AAAI Spring Symposium on Towards Conscious AI Systems 2019, 2019年, 共同, 査読有, 無し, 国際会議, 口頭発表(一般)
  • 音階スキーマの発達過程における文化普遍的特性と文化固有的特性:欧米の子どもと日本の子どもの比較
    松永 理恵
    日本音楽知覚認知学会平成30年度秋季研究発表会資料, 2018年, 共同, 査読無, 無し, 国内会議
  • Gundam Global Challenge -Science FictionからScienceへ-
    P. Hartono
    エレクトロニクス実装学会 2017 ワークショップ『IoT社会を先取りする先進実装 ~実装でつなげるモノ・コト~, 2017年, 単独, 査読無, 有り, 国内会議
  • Semi-Topological Internal Representation in Supervised Hierarchical Neural Network
    P. Hartono
    Mathematics, Informatics, Science and Education International Conference (MISEIC),, 2017年, 単独, 査読有, 有り, 国際会議
  • Cultural differences in tonality perception:Multiple comparisons of Japanese, Chinese, Vietnamese, Indonesian, and American Listeners
    Matsunaga, R., Yasuda, T., Johnson-Motoyama, M., Hartono, P., Yokosawa, K., & Abe, J.
    the 6th Conference of the Asia-Pacific Society for the Cognitive Sciences of Music, 2017年, 共同, 査読無, 国際会議
  • Pairwise Elastic Self-Organizing Maps
    P. Hartono and Y. Take
    12th Int. Workshop on Self-Organizing Maps and Learning Vector Quantization, Clustering and Data Visualization (WSOM+ 2017), 2017年, 共同, 査読有, 国際会議, Nancy, France
  • Cumulative Fuzzy Class Membership Criterion Decision Based Classifier
    P. Sabol, P. Sincak, J. Busa, and P. Hartono
    IEEE SMC 2017, 2017年, 共同, 査読有, 国際会議, Banff, Canada
  • バイミュージカルな調性スキーマの獲得過程
    松永理恵, Pitoyo Hartono, 横澤宏一, 阿部純一
    日本認知科学会第34回大会, 2017年, 共同, 査読無, 国内会議
  • 自律ロボットの実時間強化学習
    太田 悠介, ハルトノ ピトヨ
    情報処理学会第80回全国大会, 2018年, 共同, 国内会議
  • ElasticSOMによる可視化とデータ識別
    2016年, 電子情報通信学会 非線形問題研究会, 名古屋
  • 人工知能、集団知能とロボット~ガンダムの作り方
    2016年, 第26回マイクロエレクトロニクスシンポジウム, 名古屋
  • ニューラルネットワークモデルによる西洋音楽と日本伝統音楽の調性識別
    2013年, 平成25年度日本音楽知覚認知学会秋季大会, 千葉
  • 学習履歴データを活用した学習傾向の把握と可視化の検討
    2013年, 日本教育工学会 第29回全国大会, 秋田
  • 音楽スキーマ学習過程のニューラルネットワークモデル
    2013年, 日本心理学会第77会大会, 札幌
  • Restricted RBF with Visualizable Internal Layer
    2013年, 第57回システム制御情報学会研究発表講演会, 神戸
  • 学習傾向の把握に向けたクラスター数の定量的な決定と可視化の検討
    2012年, 第73回応用物理学会学術講演会, 松山
  • 指標に基づいたクラスター数の決定による学習傾向の把握と可視化の検討
    2012年, 日本教育工学会 第28回全国大会(JSET), 長崎
  • Modular Robot with Adaptive Connection Topology
    2010年, 情報処理学会数理モデル化と問題解決(MPS)研究会, 九州
  • 音楽特性を反映した自己組織化マップによる音楽プレイリストの作成
    2010年, 情報処理学会創立50周年記念大会, 東京
  • タスクに適応可能なロボットモジュールの開発
    2010年, 情報処理学会創立50周年記念大会, 東京
  • Relation between topological organization and learning ability of neural networks
    2010年, 電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会, 東京
  • ローカル接続を持つモジュールの自己組織化に関する研究
    2008年, 第22回人工知能学会全国大会, 旭川
  • データのクラス近傍を保存するSOMとそのパターン識別への応用
    2008年, 第22回人工知能学会全国大会, 旭川
  • Cumulative Fuzzy Class Membership Criterion Decision Based Classifier
    2017年, IEEE SMC 2017, カナダ, Banff
  • Pairwise Elastic Self-Organizing Maps
    2017年, WSOM+ 2017, フランス, Nancy
  • Improvement of MF-ARTMAP Classification Accuracy Using Simulated Annealing
    2016年, IEEE SMC 2016, Hungary, Budapest
  • Classifier with Hierarchical Topographical Maps as Internal Representation
    2015年, International Conference on Learning Representations (ICLR 2015), USA, San Diego
  • Visualizing Learning Management System Data
    using Context-Relevant Self-Organizing Map
    2014年, IEEE Int. Conf. on Man, Systems and Cybernetics (SMC 2014), USA, San Diego
  • Visualizing Hierarchical Representation in a Multilayered Restricted RBF Network
    2014年, International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN 21014), Germany, Hamburg
  • Tonal schema learning in an artificial neural network
    2013年, Conference program of the Society for Music Perception and Cognition, Canada, Toronto
  • Classificability-regulated Self-Organizing Map using Restricted RBF
    2013年, IEEE IJCNN, USA, Dallas
  • Computational Intelligence for Creating Autonomous Robots
    2012年, Int. Conf. on Robotic Intelligence Technology and Application, Korea, Gwanju
  • Internal Representation of Sensory Information for Training Autonomous Robot
    2012年, SCIS-ISIS 2012, 日本, 神戸
  • Internal Topographical Structure in Training Autonomous Robot
    2011年, IEEE SMC, USA, Anchorage
  • Ensemble of Perceptrons with Confidence Measure for Piecewise Linear Decomposition
    2011年, IEEE Int. Joint Conf. on Neural Networks, USA, San Jose
  • Utilization of Machine Learning Methods for Assembling, Training and Understanding Autonomous Robots
    2011年, Int. Conf. on Human System Interaction 2011, Japan, Yokohama
  • Modular Robot with Adaptive Connection Topology
    2010年, Int. Conf. on Hybrid Intelligent Systems (HIS 10), USA, Atlanta
  • Selective attention improves self-organization of cortical maps with multiple inputs
    2010年, IEEE Int. Joint Conf. on Neural Networks 2010, Spain, Barcelona
  • Learning Initialized by Topologically Correct Map
    2009年, IEEE SMC 2009, USA, San Antonio
  • Top-down control of learning in biological self-organizing maps,
    2009年, Int. Workshop on Self-Organizing Maps 2009, USA, St. Augustine
  • Class-Proximity SOM and its Applications in Classification
    2008年, IEEE SMC 2008, Singapore, Singapore
  • Embedded Neural Network for Learning of Physical Robots
    2008年, Int. Conf. on Artificial Neural Networks 2008, Czech, Prague
  • Interpretable Piecewise Linear Classifier
    2007年, Int. Conf. on Neural Information Processing 2007, Japan, Kitakyushu
  • Acquirement of Simple Moving Sequences in Mobile Robot through Utility Function-based Behavior Selection
    2006年, SCIS & ISIS 2006, Japan, Tokyo
  • Analysis on the Performance of Ensemble of Perceptrons
    2006年, IEEE IJCNN 2006, Canada, Vancouver
  • Learning with Ensemble of Linear Perceptron
    2005年, Int. Conf. on Artificial Neural Networks 2005, Poland, Warsaw
  • A Robust Face Detector Algorithm Utilizing Neural Network and Partial Template Matching
    2004年, Machine Vision and its Optomechatronic Application, USA, Philadelphia
  • Labeled-GA with Adaptive Mutation Rate
    2004年, IEEE CEC 2004, USA, Portland
  • Face Detection with A Neural Network Posture Predictor and Partial Template Matching
    2003年, IASTED VIIP, Spain, Malaga
  • Strategy Acquirement by Survival Robots in Outdoor Environment
    2003年, IEEE ICRA, Taiwan, Taipe
  • 2015年, 招待講演, IEEE 19th Int. Conf. on Intelligent Engineering Systems, Bratislava/Slovakia
  • 2015年, 招待講演, The 4th Indonesian-Jpn Conf. on Knowledge Creation and Intelligent Computing, Indonesia/Surabaya
  • 2013年, Plenary Speaker, Symposium on Emergent Trends in Artificial Intelligence and Robotics, Slovakia/Kosice
  • 2011年, Invited Speaker, Int. Stadium Generale on Soft Computing 2011, Indonesia/Kamal
  • 2010年, Brain inspired-system(Brain-IS)ワークショップ, Japan/Kitakyushu
  • 2008年, Tutorial Speaker, Workshop on Hybrid and Adaptive Systems for Real-Time Robotic Vision & Control, New Zealand/Auckland
  • 2007年, Invited Speaker, JICA Project of Educational Development on Information Technology, Indonesia/Surabaya

その他著作物

  • 解題
    ハルトノピトヨ、学習ロボットの「世界観」の可視化手法の研究
    Telecom Frontier, Vol. 78, pp. 1-9, 2013/1
  • 解題
    ハルトノ ピトヨ、ベイズの定理
    映像情報メディア学会誌, Vol. 63, No. 1, pp. 52-54, 2009/1
  • 解題
    ハルトノ ピトヨ、川嶋稔夫、ギガピクセルフォトプロジェクト
    画像ラボ、Vol.18, No.1, pp.30-33, 2007/1

その他研究情報

受賞

  • 2018年, 松永理恵, 単独, 日本音楽知覚認知学会, ポスター選奨, 音階スキーマの発達過程における文化普遍的特性と文化固有的特性:欧米の子どもと日本の子どもの比較, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞, 日本
  • 2012年, Int. Conf. on Robot Intelligence Technology and Applications, Best Paper Award

外部資金

  • Erasmus
    Erasmus+
    その他, 分担, Joint research on Artificial Intelligence and Robotics, 2018, 2018, 2018
  • 文部科学省
    科学研究費(挑戦的萌芽研究)
    制限付RBF法と脳磁場計測法を用いてbimusicalの学習過程の神経基盤を探る, 2014
  • 日本学術振興会
    科学研究費(基盤研究(C))
    eラーニングでのビッグデータに適応可能な学習支援システムの開発, 2013
  • 人工知能研究振興財団
    研究助成
    自己組織化と学習に基づくロボットの構築方法関する研究, 2012
  • 日比科学技術振興財団
    一般研究課題
    人間と自律型ロボットの調和的な関係のための「知覚性」の可視化手法の開発, 2012
  • テレコム先端技術研究支援センター
    研究費助成
    学習ロボットの「世界観」の可視化手法とその応用, 2009
  • 独立法人科学技術振興機構
    シーズ発掘試験
    糖尿病患者の個人特徴に追従できるインスリン量の予測器の開発, 2009
  • 電気通信普及財団
    海外渡航旅費援助
    Class-Proximity SOM and its Applications in Classification, 2008
  • 立石科学技術振興財団
    国際交流助成
    Embedded Neural Network for Learning of Physical Robots, 2008
  • 平和中島財団
    国際学術研究助成 [外国人研究者等招致助成]
    日常環境下で動作可能なロボットの行動戦略獲得に関する研究, 2006
  • ノーステック財団
    基盤的研究開発育成事業(若手研究補助金)
    入出力関数の解釈が可能なニューラルネットワーク集団の構築と応用, 2006
  • 日本学術振興会
    科学研究費(若手研究(B))
    屋外環境下で行動可能な自律型ロボットの戦略獲得に関する研究, 2003
  • 電気通信普及財団
    海外渡航旅費援助
    Migrational GA that preserves Solutions in Non-Static Optimization Problems, 2001

社会貢献活動情報

社会貢献活動

社会貢献活動

  • 高田高等学校「主体的な探求活動] 講師
  • Program Committee Fifth International Workshop on Computational Intelligence and Data Mining (WCIDM) 2018
  • Program Committee 2018 IEEE International Conference on Systems, Man, Cybernetics
  • World Symposium on Digital Intelligence for Systems and Machines, program committee member and invited speaker


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.