研究者総覧

中條 秀治
経営学部
教授
Last Updated :2020/07/07

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    中條 秀治
  • 氏名(カナ)

    (チュウジョウ ヒデハル)

所属

所属(マスタ)

  • 経営学部, 教授
  • 経営学科, 教授
  • 経営学研究科, 教授
  • 企業研究所, 研究員

学歴等

学位

  • 修士, 商学, 1979年03月, 早稲田大学
  • 博士, 商学, 2000年03月, 早稲田大学

その他基本情報

委員歴

  • 2017年09月, 2020年09月, 経営哲学学会, 理事・中部部会長
  • 2017年09月, 2020年09月, 経営学史学会, 理事
  • 2013年09月, 2016年09月, 日本経営学会, 理事
  • 2011年09月, 2014年09月, 経営哲学学会, 理事・中部部会長
  • 2010年09月, 2013年09月, 日本経営学会, 理事・中部部会長
  • 2011年09月, 2014年09月, 経営学史学会, 理事
  • 2009年09月, 2012年09月, 日本マネジメント学会(旧経営教育学会), 理事 理事
  • 2008年09月, 2011年09月, 経営哲学学会, 理事
  • 2002年09月, 2005年09月, 経営哲学学会, 理事
  • 2003年09月, 2005年09月, 組織学会, 理事
  • 1999年09月, 2002年09月, 理事

研究活動情報

著書・発表論文等

論文

  • 論文
    「組合」から「法人」への歩みとしてのイギリス東インド会社―大塚久雄『株式会社発生史論』の再検討(4)―
    中條 秀治
    中京経営研究, 27巻, 63, 77, 2018年, 査読無, 単著(単編著)
  • 論文
    「組合型」企業としてのオランダ東インド会社―大塚久雄『株式会社発生史論』の再検討(3)-
    『中京経営研究』第26巻, 2017年
  • 論文
    「株式会社の本質―corpus mysticumとは何か―」
    『経営学論集 第86集』 千倉書房, 2016年
  • 論文
    株式会社発生史前史としての「分散型」と「集中型」の二つのマグナ・ソキエタス―大塚久雄『株式会社発生史論』の再検討(2)―
    中京経営研究, 2016年
  • 論文
    株式会社の起源―大塚久雄『株式会社発生史論』の再検討(1)―
    中京経営研究 第24巻, 2015年
  • 論文
    団体概念における組織体説と神秘体説―鷹巣信孝の団体論を考える―
    中京経営研究, 2014年
  • 論文
    「団体概念の起源―神秘体(corpus mysticum)とは何か―」
    中京経営研究, 2013年
  • 論文
    「P.F.ドラッカーの労働観とプロフェッショナリズム―M.ウェーバーの「資本主義の精神」と「職業義務の思想」との関連において―
    経営行動研究年報, 2012年
  • 論文
    「トヨタ・インド子会社の戦略と組織―トヨタの世界戦略とIMVプロジェクト―」
    中京企業研究, 2011年
  • 論文
    「株式会社団体論と資本主義の未来―会社観の変遷と資本主義の可能性―」
    中京経営研究, 2011年
  • 論文
    「団体の時代」と組織―稲村毅による『株式会社新論』批判に対する反論④―
    中京経営研究, 2009年
  • 論文
    集団概念と団体概念―稲村毅による『株式会社新論』批判への反論③―
    中京経営研究, 2009年
  • 論文
    「株式会社は誰のものか―稲村毅による『株式会社新論』批判への反論②―」
    『中京経営研究』第18巻第1号, 2008年
  • 論文
    「法人論争とは何であったか―稲村毅による『株式会社新論』批判への反論①―」
    『中京経営研究』第17巻第1・2号, 2007年
  • 論文
    「概念構成体としての団体―公益財団法人・公益社団法人・営利社団法人―」
    『中京経営研究』 第16巻第1号, 2006年
  • 論文
    「国際ハブ空港の戦略と組織―アメリカの主要国際空港の聞き取り調査から―」
    『中京経営研究』第15巻第2号, 2006年
  • 論文
    「集団の概念と団体の概念―合名会社と株式会社―」
    『中京経営研究』第14巻第2号, 2005年
  • 論文
    「会社は誰のものか―『会社それ自体』論の可能性―」
    『中京経営研究』第12巻第2号, 2003年
  • 論文
    「株式会社の内部構造―『会社それ自体』の三側面―」
    『中京経営研究』第13巻第1号, 2003年
  • 論文
    「組織の境界問題―新しい動き―」
    『中京経営研究』第12巻第1号, 2002年

書籍等出版物

  • コルプス・ミスティクムとはなにかー教会・国家・株式会社を貫く団体の概念ー
    中條 秀治
    著書, 文眞堂, 2020年
  • オーガニゼーショナル・ビヘイヴィア―組織の中の人間行動ー
    中條 秀治
    著書, 文眞堂, 2019年
  • 株式会社新論
    中條 秀治
    著書, 文眞堂, 2005年
  • 組織の概念
    中條 秀治
    著書, 文眞堂, 1998年
  • 経営哲学の授業
    経営哲学学会編
    編著書, PHP研究所, 2012年
  • 経営学の現在―ガバナンス論、組織論・戦略論ー
    経営学史学会編
    編著書, 文眞堂, 2007年
  • 企業組織とグローバル化
    鈴木秀一編
    編著書, 世界思想社, 2006年
  • 論文作成ガイドブック
    片岡信之ほか編
    編著書, 文眞堂, 2004年
  • 戦略組織論の構想
    大月博司・中條秀治・犬塚正智・玉井健一
    編著書, 同文館, 1999年
  • 現代企業論講義
    西郷 幸盛
    編著書, 中央経済社, 1989年

講演・口頭発表等

  • 21世紀の企業観ーグローバル社会におけるcorpus mysticumー
    中條 秀治
    経営学史学会 第27回 全国大会, 2019年, 単独, 国内会議, 経営学史学会, 北海学園大学, Hokkai-Gakuen University
  • 統一論題
    「株式会社の本質―corpus mysticumとは何か―」
    2015年, 日本経営学会 第89回全国大会, 熊本学園大学
  • 全国大会 自由論題「団体概念の起源―corpus mysticumとは何か―
    中條 秀治
    経営哲学学会 第30回全国大会, 2013年, 単独, 国内会議, 経営哲学学会 , 沖縄宜野湾コンベンションセンター
  • P.F.ドラッカーの労働観とプロフェッショナリズム―M.ウェーバーの「資本主義の精神」と「職業義務」の思想との関連において―
    2011年, 経営行動研究学会 第21回全国大会, 九州産業大学
  • P.F.ドラッカーの労働観とプロフェッショナリズム
    ―M.ウェーバーの「資本主義の精神」と「職業義務の思想」との関連において―
    2011年, 経営哲学学会・経営行動研究学会合同部会, 東海学園大学
  • 「団体としての株式会社―企業観の変遷と資本主義の可能性―」
    2010年, 経営哲学学会 第9回中部部会, 中京大学
  • 統一論題報告「組織の概念―アメリカ経営学における学史的変遷―」
    2009年, 日本経営学史学会 第17回全国大会, 中部大学
  • 「団体の概念―財団と社団―」
    2007年, 経営哲学学会 中部部会, 中京大学
  • 株式会社を問う―「団体」の概念―
    2006年, 経営学史学会 第14回全国大会, 熊本学園大学
  • 集団の概念と団体の概念―合名会社と株式会社―
    2004年, 日本経営学会 中部部会, 愛知学院大学
  • 会社は誰のものか―「団体」概念による「会社それ自体」論―
    2004年, 経営哲学学会 第21回全国大会, 青森公立大学
  • 経営哲学の領域と方法
    2002年, 経営哲学学会 第19回全国大会, 早稲田大学
  • 団体の概念と組織の概念
    1999年, 日本経営学会 中部部会, 名城大学
  • 「経営」の概念とその文明論的な意味
    1999年, 経営哲学学会 第16回全国大会, 中央学院大学

その他研究情報

受賞

  • 1999年, 組織学会, 組織学会高宮賞(著書部門)

外部資金

  • 中京大学
    中京大学特定研究助成
    トロント国際空港の民営化とその組織開発の実態調査, 2003
  • 中京大学
    中京大学特定研究助成
    中部国際空港の民営化の研究, 2002

内外研究・留学実績

内外研究・留学実績

内外研究・留学実績

  • 201804, 201903, 日本, 早稲田大学大学院商学学術院
  • 198808, 198908, アメリカ合衆国, New Mexico State University,College of Business Administration and Economics,


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.