研究者総覧

古川 雄一
経済学部
教授
Last Updated :2019/02/15

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    古川 雄一
  • 氏名(カナ)

    (フルカワ ユウイチ)

基本情報

所属

所属(マスタ)

  • 経済学部, 教授
  • 経済学科, 教授
  • 経済学研究科, 教授
  • 経済研究所, 研究員

学歴等

学歴

  • 1993年04月, 1996年03月, 慶應義塾高等学校
  • 1996年04月, 2000年03月, 慶應義塾大学, 経済学部
  • 2000年04月, 2002年03月, 横浜国立大学, 国際社会科学研究科 博士課程前期
  • 2002年04月, 2005年09月, 横浜国立大学, 国際社会科学研究科 博士課程後期

学位

  • 学士, 経済学, 2000年03月, 慶應義塾大学
  • 修士, 経済学, 2002年03月, 横浜国立大学国際社会科学研究科
  • 博士, 経済学, 2005年09月, 横浜国立大学国際社会科学研究科

その他基本情報

経歴

  • 2018年03月, 2020年03月, 独立行政法人経済産業研究所(RIETI), ファカルティ・フェロー
  • 2016年11月, 2019年08月, Paris-Dauphine University, 招聘教授
  • 2015年, 公益財団法人 KIER経済研究財団, 理事
  • 2014年08月, 2014年08月, Simon Fraser University, 客員研究員
  • 2012年04月, 2014年03月, Simon Fraser University, 客員研究員
  • 2010年04月, 2017年09月, 中京大学, 経済学部, 准教授
  • 2008年04月, 2010年03月, 中京大学, 経済学部, 専任講師
  • 2006年, 2008年03月, 慶應義塾大学, COE研究員

研究活動情報

著書・発表論文等

論文

  • 論文
    Inflation and Innovation in a Schumpeterian Economy with North-South Technology Transfer
    Angus C. Chu, Guido Cozzi, Yuichi Furukawa, and Chih-Hsing Liao
    Journal of Money, Credit, and Banking, Elsevier, Forthcoming, N/A, N/A, 2019年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    Inflation and Economic Growth in a Schumpeterian Model with Endogenous Entry of Heterogeneous Firms
    Angus C. Chu, Guido Cozzi, Yuichi Furukawa, and Chih-Hsing Liao
    European Economic Review, 98, 392, 409, 2017年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    ”Growth and Cultural Preference for Education in China”
    Angus C. Chu, Yuichi Furukawa, and Dongming Zhu
    Journal of Macroeconomics, 49, 192, 202, 2016年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    "Innovation through ”Global Collaboration in an Endogenous Growth Model"
    Chukyo Economic Review 27, 2016年, 査読無し
  • 論文
    Unions, Innovation, and Cross-Country Wage Inequality
    Angus C. Chu, Guido Cozzi, and Yuichi Furukawa
    Journal of Economic Dynamics and Control, 64, 104, 118, 2016年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    「金融市場の不完全性、生産性および経済成長」
    『市場の質と現代経済』 p. 203-228, 勁草書房, 2016年, 秋山太郎教授(横浜国立大学)との共著
    査読なし
  • 論文
    「市場の質理論」
    矢野誠・古川雄一
    『市場の質と現代経済』, 勁草書房, 1, 9, 2016年, 査読無, 共著(共編著)
  • 論文
    「発展途上国における市場の質と市場インフラ」
    『市場の質と現代経済』 p.43-60, 勁草書房, 2016年, 矢野誠教授(京都大学)との共著
    査読なし
  • 論文
    "Patents, R&D Subsidies and Endogenous Market Structure in a Schumpeterian Economy"
    Southern Economic Journal 82, 809–825, 2016年, 共著(Angus C. Chu and Lei Ji)
    査読あり
  • 論文
    Leapfrogging Cycles in International Competition
    Yuichi Furukawa
    Economic Theory, 59, 401, 433, 2015年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    Effects of Economic Development in China on Skill-Biased Technical Change in the US
    Angus C. Chu, Guido Cozzi, and Yuichi Furukawa
    Review of Economic Dynamics, 18, 227, 242, 2015年, 査読有, 共著(共編著)
  • 論文
    Market Quality and Market Infrastructure in the South and Technology Diffusion
    International Journal of Economic Theory, 2014年, 矢野誠教授(京都大学)との共著
    査読あり
  • 論文
    「The Struggle to Survive in the R&D Sector: Implications for Innovation and Growth」
    Economics Letters 121, 2013年, 査読あり
  • 論文
    「Patentability and Knowledge Spillovers of Basic R&D」
    Southern Economic Journal 79, 928–945, 2013., 2013年, 査読あり
  • 論文
    Private Defense of Intellectual Properties and Economic Growth
    International Journal of Development and Conflict, 2011年, 共著(秋山太郎教授(横浜国立大学)、矢野誠教授(京都大学))
    査読あり
  • 論文
    On the Optimal Mix of Patent Instruments
    Journal of Economic Dynamics and Control, 2011年, 共著(Angus C. Chu (リバプール大学))
    査読あり
  • 論文
    Observability of Chaotic Economic Dynamics in the Matsuyama Model
    Dimensions of Economic Theory and Policy: Essays for Anjan Mukherji, 2011年, 共著(矢野誠教授(京都大学)、佐藤健治(京都大学))
    査読なし
  • 論文
    Intellectual Property Protection and Innovation: An Inverted-U Relationship
    Economics Letters, 2010年, 査読あり
  • 論文
    「The Role of Asymmetric Information in Economic Growth」
    Chukyo Economic Review 21, 138—141, 2010年, 査読無し
  • 論文
    Intellectual Property Rights and Appropriability of Innovation
    Economics Letters, 2009年, 査読あり
  • 論文
    The Protection of Intellectual Property Rights and Endogenous Growth: Is Stronger Always Better?
    Yuichi Furukawa
    Journal of Economic Dynamics and Control, 33, 11, 3644, 3670, 2007年, 査読有, 単著(単編著)
  • 論文
    Endogenous Growth Cycles
    Journal of Economics 91 (1), p.69-96., 2007年, 査読あり
  • 論文
    Indeterminacy in a Variety Expansion Model of Endogenous Growth
    Economics Bulletin 4 (18), p.1-7., 2007年, 査読あり
  • 論文
    インフォーマルセクター,工業化,および知的所有権保護
    『法と経済学研究』、3号2巻、p. 59-78., 2007年, 査読あり
  • 論文
    知的財産権,研究開発,および経済成長
    『法と経済学研究』、3号1巻、p. 95-116., 2006年, 査読あり
  • 論文
    Innovation, Standardization, and Imitation in the Product Cycle Model
    Economics Bulletin, 6 (11), p.1-10., 2006年, 共著(秋山太郎教授(横浜国立大学))
    査読あり

書籍等出版物

  • 市場の質と現代経済
    編著書, 勁草書房, 2016年, 矢野誠教授(京都大学)との共編著

講演・口頭発表等

  • Novelty-Seeking Traits and Innovation
    Yuichi Furukawa
    Fukushima Economics Workshop 2018, 2018年, 共同, 国際会議
  • Novelty Seeking as a Market Infrastructure for Innovation and Economic Growth
    古川 雄一
    Conference on Institutions, Markets, and Market Quality - In Honor of Professor Makoto Yano on the occasion of his retirement from Kyoto University, 2018年, 単独, 査読無, 有り, 国際会議
  • Receptivity and Innovation (with Kenji Sato)
    2016年, 経済理論・政策ワークショップ, 青山学院大学
  • "Perpetual Leapfrogging in International Competition"
    2014年, 日本国際経済学会中部支部春季大会
  • Knowledge spillovers and perpetual leapfrogging in international competition
    2012年, NIESG (Nagoya International Economics Study Group), 中京大学
  • Knowledge Spillovers in the Overtaking Process of National Technological Leadership
    2011年, Chukyo-Kyoto International Conference, 名古屋都市センター
  • Innovation through Global Collaboration
    2011年, 京都大学マクロ経済学研究会
  • Innovation through Global Collaboration
    2011年, IIR サマースクール, 一橋大学
  • A Theory of Innovation through Global Collaboration and Wage Inequality
    2009年, 日本応用経済学会, 神戸大学
  • Survival of Innovation with Endogenous Appropriability
    2009年, 日本経済学会春季大会, 京都大学
  • A Model of Innovation, Standardization, and Imitation: the Effects of Intellectual Property Rights Protection
    2006年, 日本経済学会秋季大会, 大阪市立大学
  • The Protection of Intellectual Property Rights and Endogenous Growth: Is Stronger Always Better?
    2006年, 日本経済学会春季大会, 福島大学
  • インフォーマルセクター,都市化,および経済成長
    2005年, 日本経済学会秋季大会, 中央大学
  • 内生的成長,非決定性,および景気循環
    2005年, 日本経済学会春季大会, 京都産業大学
  • プロダクト-プロセスイノヴェーションの相互作用と経済成長
    2003年, 日本経済学会春季大会, 大分大学
  • Patent Protection and International Technological Leadership
    2017年, The 2nd Bari-Chukyo Agreement One Day Workshop, Chukyo University, Nagoya
  • Receptivity and Endogenous Technological Progress, with Kenji Sato
    2015年, IEFS Japan Annual Meeting, 日本, 京都
  • Perpetual Leapfrogging in International Competition
    2014年, 14th SAET Conference, 日本, 早稲田大学
  • Perpetual Leapfrogging in International Competition
    2014年, Canadian Economics Association (48th Annual Conference), Canada, Vancouver
  • Perpetual Leapfrogging in International Competition
    2013年, 28th Annual Congress of the European Economic Association (EEA/ESEM 2013), Sweden, Goteborg
  • Chaotic Industrial Revolution Cycles and Intellectual Property Protection in an Exogenous-Endogenous Growth Model
    2013年, 67th European Meeting of the Econometric Society (EEA/ESEM 2013), Sweden, Goteborg
  • Technological Change and International Interaction in Environmental Policies
    2013年, Canadian Economics Association 47th Annual Meeting, Canada, Montreal
  • Perpetual Leapfrogging in International Competition
    2013年, 10th Western Economic Association International Biennial Pacific Rim Conference, Japan, Keio University
  • Perpetual Leapfrogging in International Competition and Nonlinear Equilibrium Dynamics
    2012年, 87th Western Economic Association International Annual Conference, USA, San Francisco
  • Knowledge Spillovers in the Overtaking Process of National Technological Leadership
    2011年, Chukyo-Kyoto International Conference, Japan, Nagoya
  • Legal and Private Instruments for International Intellectual Property Protection
    2011年, Western Economic Association International, 9th Biennial Pacific Rim Conference, Australia, Brisbane
  • Growth and Welfare Effects of Patentability and Knowledge Spillovers of Basic R&D
    2011年, KIER—Pacific Economic Review Workshop on Economics and Economic Policies, Japan, Kyoto
  • Private Incentives and International Protection for Intellectual Property Rights: A Market Quality Analysis
    2010年, Western Economic Association International, 85th Annual Meeting, United States of America, Portland
  • Private Incentives and International Protection for Intellectual Property Rights
    2010年, 2010 Taipei International Conference on Growth, Trade, and Dynamics, Taiwan, Taipei
  • Incomplete Ownership Rights and Appropriability of Innovation: A Market Quality Analysis
    2009年, Western Economic Association International, 84th Annual Meeting, Canada, Vancouver

その他著作物

  • 論文
    Novelty-Seeking Traits and Innovation
    Yuichi Furukawa, Tat-kei Lai, and Kenji Sato
    RIETI Discussion Paper Series, 18-E-073, 201810

その他研究情報

外部資金

  • トヨタ財団
    個人研究助成
    その他, 代表, 受容とイノベーション―新しいもの好きな人が多い社会は、イノベーションに成功するのか?―, 2018, 201805, 202004
  • 日本学術振興会
    科学研究費
    公的研究費, 代表, 基盤研究C, インフレーションが経済成長に与える影響に関する定性・定量分析, 2018, 201804, 202103, 18K01522
  • 全国銀行学術研究振興財団
    その他, 代表, 金融政策が経済成長に与える影響, 2017, 2017, 2018
  • シキシマ学術・文化振興財団
    その他, 代表, N/A, 2009
  • 日本学術振興会
    科学研究費補助金(基盤研究(B))
    公的研究費, 分担, グローバル経済における高質な市場形成のための戦略的インフラ整備に関する理論分析, 2016, 2016, 2019, 研究分担者
  • 日本学術振興会
    科学研究費(若手研究(B))
    公的研究費, 代表, 金融政策が経済成長に与える影響に関する定性・定量分析, 2014, 2014, 2017, 研究代表者
  • 日本学術振興会
    科学研究費補助金(若手研究(B))
    知的財産保護が経済成長に与える影響に関する定性および定量分析, 2011, 研究代表者
  • 日本学術振興会
    科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
    知的財産権保護の強化が研究開発や経済成長に与える影響の理論的分析, 2008, 研究代表者

その他

  • 2018年, 経済産業研究所のファカルティ・フェロー兼プロジェクトリーダー, 経済産業研究所のファカルティ・フェロー兼プロジェクトリーダー
  • 2018年, 招聘教授(パリ第9大学), 招聘教授(パリ第9大学)
  • 2017年, 招聘教授(パリ第9大学), フランスの Paris-Dauphine (パリ第9)大学より招聘を受け、招聘教授をつとめた。(2017年5月, 2017年12月)

内外研究・留学実績

内外研究・留学実績

内外研究・留学実績

  • 201712, フランス, Paris-Dauphine University
  • 201705, 201705, フランス, Paris-Dauphine University
  • 201611, 201612, フランス, Paris-Dauphine University
  • 201408, 201408, カナダ, Simon Fraser University
  • 201204, 201403, カナダ, Simon Fraser University


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.